[スポンサーリンク]


カルボカチオン

  1. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

    LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム弱配位性アニオン塩触媒により、ビニルカルボカチオンが生じ、ヘテロ原子を含む化合物でもC–H挿入反応が進行する。カルボカチオンを用いたC–…

  2. ジョージ・オラー George Andrew Olah

    ジョージ・アンドリュー・オラー(George Andrew Olah、1927年5月27日-2017…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dichlorobis(acetonitrile)palladium(II)
  2. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  3. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  4. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  5. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  6. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  7. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

注目情報

最新記事

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

PAGE TOP