[スポンサーリンク]

B

ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation

[スポンサーリンク]

 

概要

アルデヒドおよびベンゼン誘導体を用い、ルイス酸-塩酸のコンビネーションによってクロロアルキル化を行う方法。

 

基本文献

  • Blanc, G. Bull. Soc. Chim. France 192333, 313.
  • Quellet, R. et al. Bull. Soc. Chim. France 19407, 196.
  • Fusson, R.; McKeever, C. H. Org. React. 19421, 63.

 

反応機構

Friedel-Craftsアルキル化も参照。
blanc-6.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  2. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  3. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…
  4. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  5. MAC試薬 MAC Reagent
  6. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  7. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…
  8. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】
  2. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  3. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  4. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  5. 有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン
  6. 博士課程と給料
  7. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. ケムステの記事を導出しています
  10. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP