[スポンサーリンク]

B

ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation

[スポンサーリンク]

 

概要

アルデヒドおよびベンゼン誘導体を用い、ルイス酸-塩酸のコンビネーションによってクロロアルキル化を行う方法。

 

基本文献

  • Blanc, G. Bull. Soc. Chim. France 192333, 313.
  • Quellet, R. et al. Bull. Soc. Chim. France 19407, 196.
  • Fusson, R.; McKeever, C. H. Org. React. 19421, 63.

 

反応機構

Friedel-Craftsアルキル化も参照。
blanc-6.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  2. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reacti…
  3. マイケル付加 Michael Addition
  4. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  5. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  6. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  8. ブルック転位 Brook Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  2. ニコラウ祭り
  3. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  4. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)
  5. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  6. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  7. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  8. howeverの使い方
  9. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  10. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP