[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

27万種類のビルディングブロックが購入できる!?

[スポンサーリンク]

SciFinderなどの検索でヒットする”Aldrich Partner Products”のビルディングブロックが、2019年より日本でも購入可能になった。

この化合物市販してないかな?

合成化学者による多彩な反応開発と、多くのベンチャー企業の登場により、購入可能な有機化合物である「ビルディングブロック」も多様化しています。現在、世の中で購入可能なビルディングブロックの種類は年8%のペースで増えているといわれています。インターネットで調べると、「あ、こんなの売ってるのか!」と思うこと、よくありませんか。

ただ、売ってはいますが、購入できないことが多いです。購入する障壁が高いといったほうが正確でしょうか。価格も書いていないし、個々の企業だし、日本の企業じゃないしなどなど。

一方で、Sigma-Aldrichは、その多様なビルディングブロック需要に応じるために、海外サプライヤーとパートナーシップを結び、ビルディングブロックエクスプローラーというサービスを2015年から開始しているそうです。ただし、米国・英国にてサービス開始後、欧州各国にて順次サービス導入が進んでいるといった状況でした。

実は、2019年になり、日本でもサービス開始となりました(アジア初)。つまり、多彩なビルディングブロックが試薬会社のアルドリッチを通じて日本でも購入可能になったそうです。今回はその件についてお知らせしたいと思います。

ビルディングブロックエクスプローラー概要

まとめると以下のようになります。

  • SciFinderなどの検索でヒットする”Aldrich Partner Products“の製品が購入可能
  • 品質に定評のある厳選した海外サプライヤー(十数社)から製品供給
  • 海外サプライヤーに常時在庫がある製品を選定
  • ”Aldrich Partner Products”では約27万種類のビルディングブロックが購入可能(今までSigma-Aldrichのビルディングブロックは2-3万種類の取扱い)
  • 多様なビルディングブロックがSigma-Aldrichから購入可能になるワンストップサービス

27万種類のビルディングブロックが購入可能であるとは素晴らしい。価格のほどは…ご確認ください。

ビルディングブロックエクスプローラーの使い方

通常のSigma-Aldrichの製品同様、WEBサイトで製品番号やCAS番号で検索が可能です。

こちらのリンクからは部分構造検索が可能となっています。

試しに検索してみました

 

Webサイトで表示されるProduct IDで、Sigma-Aldrich製品取扱いの試薬代理店へご注文下さい(WEB表示例

プロダクトIDを連絡すればOK

 

というわけで、今回は幅広いビルディングブロックが購入できるようになったお話を紹介しました。創薬の現場などでは大変重宝されると思います。あとは予算との兼ね合いですね(苦笑)。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  2. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  4. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  5. リチウムイオン電池のはなし~1~
  6. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  7. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大…
  8. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zuric…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  2. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  3. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀
  4. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  5. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  6. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  7. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  8. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  9. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  10. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP