[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

27万種類のビルディングブロックが購入できる!?

[スポンサーリンク]

SciFinderなどの検索でヒットする”Aldrich Partner Products”のビルディングブロックが、2019年より日本でも購入可能になった。

この化合物市販してないかな?

合成化学者による多彩な反応開発と、多くのベンチャー企業の登場により、購入可能な有機化合物である「ビルディングブロック」も多様化しています。現在、世の中で購入可能なビルディングブロックの種類は年8%のペースで増えているといわれています。インターネットで調べると、「あ、こんなの売ってるのか!」と思うこと、よくありませんか。

ただ、売ってはいますが、購入できないことが多いです。購入する障壁が高いといったほうが正確でしょうか。価格も書いていないし、個々の企業だし、日本の企業じゃないしなどなど。

一方で、Sigma-Aldrichは、その多様なビルディングブロック需要に応じるために、海外サプライヤーとパートナーシップを結び、ビルディングブロックエクスプローラーというサービスを2015年から開始しているそうです。ただし、米国・英国にてサービス開始後、欧州各国にて順次サービス導入が進んでいるといった状況でした。

実は、2019年になり、日本でもサービス開始となりました(アジア初)。つまり、多彩なビルディングブロックが試薬会社のアルドリッチを通じて日本でも購入可能になったそうです。今回はその件についてお知らせしたいと思います。

ビルディングブロックエクスプローラー概要

まとめると以下のようになります。

  • SciFinderなどの検索でヒットする”Aldrich Partner Products“の製品が購入可能
  • 品質に定評のある厳選した海外サプライヤー(十数社)から製品供給
  • 海外サプライヤーに常時在庫がある製品を選定
  • ”Aldrich Partner Products”では約27万種類のビルディングブロックが購入可能(今までSigma-Aldrichのビルディングブロックは2-3万種類の取扱い)
  • 多様なビルディングブロックがSigma-Aldrichから購入可能になるワンストップサービス

27万種類のビルディングブロックが購入可能であるとは素晴らしい。価格のほどは…ご確認ください。

ビルディングブロックエクスプローラーの使い方

通常のSigma-Aldrichの製品同様、WEBサイトで製品番号やCAS番号で検索が可能です。

こちらのリンクからは部分構造検索が可能となっています。

試しに検索してみました

 

Webサイトで表示されるProduct IDで、Sigma-Aldrich製品取扱いの試薬代理店へご注文下さい(WEB表示例

プロダクトIDを連絡すればOK

 

というわけで、今回は幅広いビルディングブロックが購入できるようになったお話を紹介しました。創薬の現場などでは大変重宝されると思います。あとは予算との兼ね合いですね(苦笑)。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  2. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  3. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  4. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  5. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  6. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  7. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%O…
  8. 【書籍】液晶の歴史

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  2. Happy Mole Day to You !!
  3. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」
  4. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  5. 光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功
  6. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  7. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  8. 持田製薬、創薬研究所を新設
  9. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  10. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP