[スポンサーリンク]


カープラス

  1. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

    ジフェニルオクタテトラエン(1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)は、マーティン・カープラス氏と、アリー・ワーシェル氏が、量子力学と分子力学を組み合わせた方法を、実際に適用した最初の報告にある分子のうち、最も複雑で分子量の大きなもの。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  2. スイスでポスドクはいかが?
  3. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  4. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  5. 黎书华 Shuhua Li
  6. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  7. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP