[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

[スポンサーリンク]

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの錯体化学・光化学者である。愛称はPhil。ノースカロライナ州立大学教授(画像出典:AIP Publishing LLC)。第4回ケムステVプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」講師。

経歴

1991 クラーク大学 卒業
1996 ジョンズホプキンス大学 博士号取得
1996-1998 NIHフェロー
1998-2004 ボーリンググリーン州立大学 助教
2004-2006 ボーリンググリーン州立大学 准教授
2006-2013 ボーリンググリーン州立大学 教授
2013-現在 ノースカロライナ州立大学 教授

委員歴歴

2011 Director of the Center for Photochemical Sciences
2013 the Goodnight Innovation Distinguished Chair
2015 Fellow of the Royal Society of Chemistry

受賞歴

2019 I-APS Award in Photochemistry
2020 AAAS Fellow
2020 the inaugural Editor-in-Chief of Chemical Physics Reviews

研究概要

金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン[1]

低エネルギー光を高エネルギー光に変換する分子システムについて革新的な成果を多数報告している。特に金属錯体を光増感剤とした三重項-三重項消滅を利用した光アップコンバージョン(Triplet-Triplet Annihilation Upconversion)に着目した研究を展開している。様々な液体系、固体系において高効率な光アップコンバージョンを達成している。

Castellano Research Group websiteより引用

ナノ結晶-分子界面の励起子輸送

CdSe量子ドット表面に分子アクセプターを固定した系で、三重項励起子エネルギーが移動することを実証している。そこから溶液中の自由に拡散する分子にエネルギーを移動させることで、効率的なエネルギー取り出しを達成した。量子ドットの様々な分野への用途(医療、光電池、太陽電池、分子エレクトロニクス)を拓いている。

Castellano Research Group websiteより引用

関連動画

Chem-Station記事:第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します! を参照

関連論文

  1. TN Singh-Rachford, FN Castellano, “Photon upconversion based on sensitized triplet–triplet annihilation”, Coordination Chemistry Reviews 2010, 254, 2560-2573. DOI:10.1021/cb300119g.
  2. Denis V. Kozlova and Felix N. Castellano, “Anti-Stokes delayed fluorescence from metal–organic bichromophores”,  Chem. Commun. 2004, 2860-2861. DOI: 10.1039/B412681E
  3. Radiy R. Islangulov, Joseph Lott, Christoph Weder, and Felix N. Castellano, “Noncoherent Low-Power Upconversion in Solid Polymer Films”, J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 42, 12652–12653. DOI:10.1021/ja075014k.
  4. Jae-Hyuk Kim, Fan Deng, Felix N. Castellano, and Jae-Hong Kim, “High Efficiency Low-Power Upconverting Soft Materials”, Chem. Mater. 2012, 24, 2250–2252. DOI: 10.1021/cm3012414
  5. Mo Yang, Sara Sheykhi, Yu Zhang, Carsten Milsmann and Felix N. Castellano, “Low power threshold photochemical upconversion using a zirconium(iv) LMCT photosensitizer”, Chem. Sci., 2021, 12, 9069-9077. DOI: 10.1039/D1SC01662H
  6. CE McCusker, FN Castellano, “Design of a long-lifetime, earth-abundant, aqueous compatible Cu (I) photosensitizer using cooperative steric effects”
    Inorganic Chemistry 2013, 52, 8114-8120. DOI: 10.1021/ic401213p
  7. C Mongin, P Moroz, M Zamkov, FN Castellano, “Thermally activated delayed photoluminescence from pyrenyl-functionalized CdSe quantum dots”
    Nature Chemistry 2018, 10, 225-230. DOI: 10.1038/nchem.2906
  8. C Mongin, S Garakyaraghi, N Razgoniaeva, M Zamkov, FN Castellano, “Direct observation of triplet energy transfer from semiconductor nanocrystals”
    Science 2016, 351, 369-372. DOI: 10.1126/science.aad6378

外部リンク

関連動画

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JKJ。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  2. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  3. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  4. 小林 修 Shu Kobayashi
  5. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  6. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  7. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  8. ギー・ベルトラン Guy Bertrand

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発
  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編
  3. 第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」を開催します!
  4. 元素紀行
  5. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  6. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  7. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  8. 空気と光からアンモニアを合成
  9. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】
  10. 構造式の効果

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP