[スポンサーリンク]


カーボンナノリング

  1. カーボンナノリングのキーホルダー式固定化法の開発

    第573回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院 理学研究科 理学専攻 物質・生命化学領域 有機化学研究室(伊丹研)の石橋 弥泰 (いしばし ひさやす)さんにお願いしました。伊丹研究室は、カーボンナノリング、ナノグラフェン様分…

  2. 全フッ素化カーボンナノリングの合成

    第401回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 有機化学研究室(伊丹研究室) 博士…

  3. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

    第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰蔵 (…

  4. カーボンナノリング合成に成功!

    Selective Synthesis of Cyccloparaphenylene…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  2. 中学入試における化学を調べてみた
  3. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  4. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  5. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  6. 博士課程の夢:また私はなぜ心配するのを止めて進学を選んだか
  7. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization

注目情報

最新記事

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

PAGE TOP