[スポンサーリンク]


グルコラファニン

  1. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

     植物の"硫黄代謝"を調節する転写因子を発見-転写因子「SLIM1」が、がん予防効果のある天然硫黄成分量を調節-独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、硫黄代謝に異常があるシロイヌナズナの突然変異株を解析し、がん予防効果が…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  2. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  3. 化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~
  4. スーパーブレンステッド酸
  5. ライセルト反応 Reissert Reaction
  6. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  7. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?

注目情報

最新記事

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

PAGE TOP