[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

ドナルド・G・トゥルーラー (Donald G. Truhlar 、1944年2月27日-)は、アメリカの理論化学者である。米ミネソタ大学化学科教授。

 経歴

1965 St. Mary’s College of Minnesota 卒業
1970 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Aron Kupperman教授)
1969–現在 ミネソタ大学 勤務

 

受賞歴

1973 Alfred P. Sloan Fellowship
1993 NSF Creativity Award
1998 George Taylor/Institute of Technology Alumni Society Distinguished Service Award
2000 ACS Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research
2003 Minnesota Award
2004 National Academy of Sciences Award for Scientific Reviewing
2005 University of Minnesota Inventor Recognition Award
2006 ACS Peter Debye Award for Physical Chemistry
2006 Lise Meitner Lectureship Award
2006 Schrödinger Medal

 

研究

計算化学の巨大・複雑系への応用

量子力学ダイナミクス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] J. Phys. Chem. A, 2006, 110, 359. DOI: 10.1021/jp055732y

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  2. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudde…
  3. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  4. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  5. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  6. 真島利行系譜
  7. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  8. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パーコウ反応 Perkow Reaction
  2. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  3. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  4. 力を加えると変色するプラスチック
  5. 学生実験・いまむかし
  6. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  7. 研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kickoffイベント~
  8. 図に最適なフォントは何か?
  9. ナノってなんて素敵ナノ
  10. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP