[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

[スポンサーリンク]

ドナルド・G・トゥルーラー (Donald G. Truhlar 、1944年2月27日-)は、アメリカの理論化学者である。米ミネソタ大学化学科教授。

 経歴

1965 St. Mary’s College of Minnesota 卒業
1970 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Aron Kupperman教授)
1969–現在 ミネソタ大学 勤務

 

受賞歴

1973 Alfred P. Sloan Fellowship
1993 NSF Creativity Award
1998 George Taylor/Institute of Technology Alumni Society Distinguished Service Award
2000 ACS Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research
2003 Minnesota Award
2004 National Academy of Sciences Award for Scientific Reviewing
2005 University of Minnesota Inventor Recognition Award
2006 ACS Peter Debye Award for Physical Chemistry
2006 Lise Meitner Lectureship Award
2006 Schrödinger Medal

 

研究

計算化学の巨大・複雑系への応用

量子力学ダイナミクス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] J. Phys. Chem. A, 2006, 110, 359. DOI: 10.1021/jp055732y

 

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  2. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. 石谷 治 Osamu Ishitani
  5. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  6. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  7. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  8. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,2-還元と1,4-還元
  2. 自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう
  3. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法
  4. サイエンスアゴラ2014総括
  5. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  6. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  8. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  9. Side Reactions in Organic Synthesis II
  10. 第7回ImPACT記者懇親会が開催

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネ

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年2月号がオンライン公開されました。大…

軽くて強いだけじゃないナノマテリアル —セルロースナノファイバーの真価

詳細・お申し込みはこちら開講期間2021年3月17日(水)10:30~15:50 <1日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP