[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

[スポンサーリンク]

ドナルド・G・トゥルーラー (Donald G. Truhlar 、1944年2月27日-)は、アメリカの理論化学者である。米ミネソタ大学化学科教授。

 経歴

1965 St. Mary’s College of Minnesota 卒業
1970 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Aron Kupperman教授)
1969–現在 ミネソタ大学 勤務

 

受賞歴

1973 Alfred P. Sloan Fellowship
1993 NSF Creativity Award
1998 George Taylor/Institute of Technology Alumni Society Distinguished Service Award
2000 ACS Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research
2003 Minnesota Award
2004 National Academy of Sciences Award for Scientific Reviewing
2005 University of Minnesota Inventor Recognition Award
2006 ACS Peter Debye Award for Physical Chemistry
2006 Lise Meitner Lectureship Award
2006 Schrödinger Medal

 

研究

計算化学の巨大・複雑系への応用

量子力学ダイナミクス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] J. Phys. Chem. A, 2006, 110, 359. DOI: 10.1021/jp055732y

 

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Wen-Jing Xiao
  2. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  3. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  4. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  5. ベン・シェンBen Shen
  6. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  7. テオ・グレイ Theodore Gray
  8. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2
  2. ODOOSをリニューアル!
  3. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  4. 国連番号(UN番号)
  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  6. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  7. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  8. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  9. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】
  10. フタロシアニン phthalocyanine

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP