[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

[スポンサーリンク]

ドナルド・G・トゥルーラー (Donald G. Truhlar 、1944年2月27日-)は、アメリカの理論化学者である。米ミネソタ大学化学科教授。

 経歴

1965 St. Mary’s College of Minnesota 卒業
1970 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Aron Kupperman教授)
1969–現在 ミネソタ大学 勤務

 

受賞歴

1973 Alfred P. Sloan Fellowship
1993 NSF Creativity Award
1998 George Taylor/Institute of Technology Alumni Society Distinguished Service Award
2000 ACS Award for Computers in Chemical and Pharmaceutical Research
2003 Minnesota Award
2004 National Academy of Sciences Award for Scientific Reviewing
2005 University of Minnesota Inventor Recognition Award
2006 ACS Peter Debye Award for Physical Chemistry
2006 Lise Meitner Lectureship Award
2006 Schrödinger Medal

 

研究

計算化学の巨大・複雑系への応用

量子力学ダイナミクス

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] J. Phys. Chem. A, 2006, 110, 359. DOI: 10.1021/jp055732y

 

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  2. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  3. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  4. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  5. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  6. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  7. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  8. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる
  2. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」
  3. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  5. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  6. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  7. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  8. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  9. デニス・ホール Dennis G. Hall
  10. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP