[スポンサーリンク]


ジチアン

  1. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

    概要1,3-ジチアンの2位メチレン水素は酸性度が高く(pKa31.1)、アルキルリチウムなどの強塩基を作用させることでアルキルアニオン種を生成させることができる。チオアセタールは脱保護によりカルボニルへと変換されるので、…

  2. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

    ディーター・ゼーバッハ(Dieter Seebach, 1937年8月31日-)はスイスの有機化学者…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 黒田チカ Chika Kuroda
  2. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  3. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  4. MSH試薬 MSH reagent
  5. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  6. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  7. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP