[スポンサーリンク]

一般的な話題

日米の研究観/技術観の違い

[スポンサーリンク]

 

日々のアメリカで研究生活を営んでいると、人々の考え方の違いなんかがクリアに感じられます。今回は、その辺を寓話的にまとめてみました。

“お話”にすべく、一面を意図的に誇張していますし、やや偏見も混じった見方だとは思います。

とはいえ、アプローチ方針の立て方とか、ものの見方については、分野を問わず大まかにこんな感じなのでは、と思えます。勿論どっちが良い悪い、ということは抜きにして。

読者の皆さんの感覚・見解はいかがでしょうか。

【とある日】

米国人研究者(以下”米”) 「みんな聞いてくれ!いつものようにそこらを寄り道してたら、こーんな綺麗な山があるのを見つけたんだ!」

「お、ホントだ。きっと頂上からの眺めは最高だろうなぁ。なんてったって山周りの地形はこんなだし。頂上からの風景写真でも撮れれば、世界中の人が喜んで買うのは間違いない。いずれは観光産業で大金持ちだな。ぜひとも頂上一番乗りを目指そうぜ!」

「おおオマエの言うとおりだ!よし政府に掛け合って金取ってくるぜ!オレにはそんなのお手の物さ!」

「よし、オレは宣伝部隊を組んで、皆にいかに凄いかところか知らせてくるぜ! とはいえ登り方を考えるのはオレの専門じゃない。それはお前らにまかせたぞ」

日本人研究者(以下”日”) 「ほほう。確かにやつらの言うとおりだふむふむ。どうだいこの話は」

「どうやら徒歩で頂上に向かうしかないようだな・・・今のところ他に方法もないし、時間はかかるが仕方ない、そういうものだ」

「じゃぁみんなで力を合わせて、頂上目指して頑張ろう。アメリカなんかに負けてられるか。さあ歩こう」

「あまり注目されてないとこなので、遠征資金を取ってくるのは難しい。物資不足は持ち前の精神力でカバーするしかないな」

「そんなとこを大げさに宣伝しても、みっともないと思われてしまうだけだ。宣伝は頂上到達の後からでも十分だろ。」

【1年後】

「やった!5合目に到達だ!周りはどこも付いて来れてない。俺たちホント頑張ってるよな!これも団結力と日々の努力の勝利さ!」

「うーんまだ3合目だ。あいつらもうあんなとこまで行ってるよ。土日も休まずなんてとても歩けないぜ・・・加えてうちのメンバーは気が散りやすくて、寄り道する奴らばっかだし・・・あれぐらい忍耐強くて文句も言わず実直な奴らが、うちにも何人か欲しいもんだ・・・日本人はスゲーな全く」

「でもあいつら英語出来ないし、はっきりしないし、大人しくて日本の奴らとしか喋らないから、チームに居ても話が通じないんだよなぁ」

「ともかく俺たちは、違う方法考えないとダメかもなぁ」

【1年後】

「ふもとにある開発チームが全く新しい機械を作ったぞ!その名も”ヘリコプター”だ! 一回飛ばすのにムチャクチャお金かかるし、10回に9回は飛ばないけど、上手く動けば一挙に頂上だ!どうだいコレは?」

「マジで?確かにあれは凄いな。でも高いし、とても使いにくそう。日本チームのメンバーは、あんなひどい機械に乗るの嫌がりそうだ。導入は見送りだなぁ。歩きでもあと3合ほどだし、何とかなるでしょ。」

【1年後】

「よっしゃ、10回に3回はヘリコプターが飛ぶようになった!これで頂上目指すの真剣に考えようぜ!金なんていくらでもあとから取り返せるさ!」

「う、ちょっとだけ魅力的になったかな。でもあんな使いづらい機械、よく使ってるよなぁあいつら。でも、日本の支援チームも頑張ってて、最近すげー歩きやすい靴が支給されたんだ。全然足が痛くならないよ。毎日の山歩きも、とても快適さ。負担は大分減ったから、このまま行こう。あとちょっとだ」

【1年後】

「やった!頂上に一番乗りだ!途中何回か墜落して大変なことになったけど、そんなリスクは織り込み済みだし、ともあれ成功だ! ヘリ万歳!」

「アメリカ国旗だって勿論立てちゃうぜ? 専用の写真スタジオも建てよう。綺麗な写真を世界中に売って、これで大金持ちだ!もう少ししたら、観光ガイドでも始めるかな」

「ヤラレタ・・・とにもかくにも、ヘリコプターが使いづらいのがいけないんだよ。良い機械だとは思うけど、墜落しそうな気がして、皆が使うのすげー嫌がるんだよなぁ」

「よし、我々はヘリコプターを改良しよう! その方が、きっとこれからやってくる観光客にとっても役に立つはずだ!」

「アメリカの奴らってホント大雑把だし、結局自分たちのことしか考えてないんだからなぁ全く」

【1年後】

「やった!墜落しないヘリコプターができた!中もクッション仕様でとても快適だ。何時間乗ってても疲れない。これで観光客は大喜びだ! 土日も頑張った甲斐があったよなぁ・・・ホント俺たち良くやったよ」

「うーんあそこまで繊細なものは、オレらには作れないぜ・・・確かに実際使ってみるとメチャクチャ快適だ。コストも安いし、日本産のヘリコプターを使うほうがずっといいんじゃないのか?」
  「仕方ない、この観光地ではそうすることにしよう。ともあれ写真販売と観光ガイドはオレらの独占状態だし、まぁそれぐらいいいだろ」

【その後】

「そういやあの山、今は日本のヘリでいっぱいになって、観光地としてはメチャクチャ便利になったよな。おかげでオレらも楽しいし、大満足だ。兎にも角にも、ヘリコプターを考え出した人たち様々だよな!」

「おーい、こっちにも凄そうな山があるようだぞ」

「何? そっちのほうが面白そうだ!」

「まだまだ改善する余地はあるけど、あの山は観光地としては、本当に便利になったよな。やっぱ日本の技術は世界一だ。アメリカ産のヘリなんて、今や影も形もない。あんなの、道楽者だけが乗ってる趣味機械さ。良いものを実直に作り続ける姿勢こそが、最後には勝利をものにするのさ」

「そういや、アメリカがまた新しい山を見つけたって知ってる?」

「ほうどれどれ・・・ふむふむ、前の数倍高い山だが、これまたなかなか魅力的なところだ。よし、今度は日本産のヘリがある。何とかなるだろ」

「・・・しかし一つ問題がある。快適なのは良いが、ヘリポートにそれ専用の固定具がないと使えないんだよな、あれは・・・」

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍す…
  3. Arcutine類の全合成
  4. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告
  5. 会社説明会で鋭い質問をしよう
  6. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により…
  7. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モータ…
  8. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  2. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより
  3. 四国化成の新規複素環化合物群
  4. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する
  5. 3Mとはどんな会社?
  6. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  7. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  8. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  9. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  10. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP