[スポンサーリンク]


ペラミビル

  1. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請

     2011年3月30日、富士フイルムグループの富山化学工業株式会社が経口の抗インフルエンザウイルス薬「T-705」(一般名:ファビピラビル)について厚生労働省に製造販売承認の申請を行いました。 (さらに…)…

  2. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得

    塩野義製薬は平成22年1月13日付で抗インフルエンザ薬「ラピアクタ(一般名:ペラミビル)」の製造販売…

  3. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請

     塩野義製薬は2009年11月4日インフルエンザ治療薬「ペラミビル」の日本での…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編
  3. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  4. 114番元素と116番元素が正式認可される
  5. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  7. スイスでポスドクはいかが?

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

PAGE TOP