[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ラーナー Richard Lerner

リチャード・A・ラーナー (Richard A. Lerner、1938年8月28日-)は、アメリカの化学者である。スクリプス研究所 初代研究所長(写真:Nature News)。

経歴

1964 Stanford Medical School M.D.取得
19xx Scripps Clinic and Research Foundation 博士研究員
19xx Wistar Institute
19xx Research Institute Research Clinic
1991-2012 米国スクリプス研究所 所長
2012- Skaggs Instiute of Chemical Biology

受賞歴

1978 Parke-Davis Award
1990 San Marino Prize
1994 ウルフ賞(化学部門)
1996 California Scientist Award
2002 University of California Presidental Medal
2012 アストゥリアス皇太子賞

 

研究概要

触媒抗体(Catalytic Antibody)の開発

特定の化学反応の遷移状態を模した人工小分子(ハプテン)を動物に投与して創製した抗体は、標的反応の遷移状態を認識=触媒として働き得る。このような生体由来の人工触媒を触媒抗体(Catalytic Antibody)とよび、LernerはPeter Schultzとともに、その開発者として知られる。

catantibody.gif

コメント&その他

1. 世界最高の私設研究機関の一つ、スクリプス研究所の創設に携わった一人。初代研究所長を務めた。

 

名言集

 

 関連動画

 

関連文献

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  2. 浜地 格 Itaru Hamachi
  3. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  4. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  5. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  6. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  7. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III…
  8. 森謙治 Kenji Mori

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  2. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  3. グローバルCOE審査結果
  4. 学振申請書の書き方とコツ
  5. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  6. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  7. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  8. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  9. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  10. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP