[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ラーナー Richard Lerner

リチャード・A・ラーナー (Richard A. Lerner、1938年8月28日-)は、アメリカの化学者である。スクリプス研究所 初代研究所長(写真:Nature News)。

経歴

1964 Stanford Medical School M.D.取得
19xx Scripps Clinic and Research Foundation 博士研究員
19xx Wistar Institute
19xx Research Institute Research Clinic
1991-2012 米国スクリプス研究所 所長
2012- Skaggs Instiute of Chemical Biology

受賞歴

1978 Parke-Davis Award
1990 San Marino Prize
1994 ウルフ賞(化学部門)
1996 California Scientist Award
2002 University of California Presidental Medal
2012 アストゥリアス皇太子賞

 

研究概要

触媒抗体(Catalytic Antibody)の開発

特定の化学反応の遷移状態を模した人工小分子(ハプテン)を動物に投与して創製した抗体は、標的反応の遷移状態を認識=触媒として働き得る。このような生体由来の人工触媒を触媒抗体(Catalytic Antibody)とよび、LernerはPeter Schultzとともに、その開発者として知られる。

catantibody.gif

コメント&その他

1. 世界最高の私設研究機関の一つ、スクリプス研究所の創設に携わった一人。初代研究所長を務めた。

 

名言集

 

 関連動画

 

関連文献

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  2. 中村 修二 Shuji Nakamura
  3. フランク・グローリアス Frank Glorius
  4. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmos…
  5. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  6. マックス・プランク Max Planck
  7. ドナルド・トマリア Donald Tomalia
  8. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  2. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  3. 分子びっくり箱
  4. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigenation
  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  6. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  7. 最も引用された論文
  8. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会
  9. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  10. 第47回天然物化学談話会に行ってきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP