[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ピーター・シュルツ Peter G. Schultz

ピーター・G・シュルツ(Peter G. Schultz、1956年6月23日-)は、アメリカの化学者である。米スクリプス研究所 教授 (写真:www.solvay.com)。

経歴

1979 カリフォルニア工科大学 卒業
1984 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Peter Dervan教授)
1984 マサチューセッツ工科大学 博士研究員(Christopher Walsh教授)
1985 カリフォルニア州立大学バークレー校 助教授
1987 カリフォルニア州立大学バークレー校 准教授
1989 カリフォルニア州立大学バークレー校 教授
1999 スクリプス研究所 教授

兼務

1985-現在 ローレンス・バークレー国立研究所 Principal Investigator
1993-現在 CV Therapeutics, Scientific Advisory Board
1994-1998 ハワード・ヒューズ医学研究所 Investigator
1995-現在 Symyx Technologies, Founder and Director
1999-現在 ノバルティス財団ゲノム研究所(GNF) 所長
2000-現在 Syrrx, Inc., Founder and Director

 

受賞歴

2016 Heinrich Wieland Prize
2013 The Laureate Chemistry for the Future Solvay Prize
2006 Arthur C. Cope Award
2002 Paul Ehrlich and Ludwig Darmstaedter Prize
2000 Alfred Bader Award in Bioorganic and Bioinorganic Chemistry
1998 Institute of Medicine of the National Academy of Sciences
1996 Discover Magazine Awards for Technological Innovation
1995 California Scientist of the Year Award
1994 Honorary Doctor of Sciences, Uppsala University of Sweden
1994 Wolf Prize in Chemistry
1993 National Academy of Sciences, USA
1993 Harrison Howe Lectureship Award, Rochester Section of the American Chemical Society
1992 Ciba-Geigy Drew Award in Biomedical Research, Ciba-Geigy
1992 College of Chemistry Teaching Award, University of California, Berkeley
1992 DuPont Merck Young Investigator Award, The Protein Society
1991 Fresenius Award of Phi Lambda Upsilon
1992 Humboldt Research Award for Senior U.S. Scientists, Alexander von Humboldt Foundation
1991 Ernest Orlando Lawrence Memorial Award, Department of Energy
1991 Eli Lilly Award in Biological Chemistry, American Chemical Society
1991-1992 Miller Research Professor, University of California, Berkeley
1990 American Academy of Arts and Sciences
1990 American Chemical Society Award in Pure Chemistry
1990 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
1988 Alan T. Waterman Award, National Science Foundation
1988 Alfred P. Sloan Fellow
1986 Eli Lilly Scholar
1985 Searle Scholar
1985 Presidential Young Investigator Award, National Science Foundation
1985 Dreyfus Junior Faculty Grantee
1984 Nobel Laureate Signature Award, American Chemical Society
1983 McKoy Award, Outstanding Graduate Research, Caltech
1983 National Institutes of Health Postdoctoral Fellow
1983 IBM Fellow
1979-1982 National Science Foundation Predoctoral Fellow
1979 Sigma Xi Award, Outstanding Undergraduate Research

研究

化学・生物・材料の融合領域に関する研究をメインに行っている。

1)抗体触媒の開発・解析・応用

特定の化学反応の遷移状態を模した人工小分子(ハプテン)を動物に投与して創製した抗体は、標的反応の遷移状態を認識=触媒として働き得る。このような生体由来の人工触媒を抗体触媒(Catalytic Antibody)とよび、Schultzはその開発者として知られる。

catantibody.gif

2)コンビナトリアル的手法を用いた無機材料・生物活性物質の探索

コンビナトリアル化学とハイスループットスクリーニング技術のパイオニアのひとりとして知られている。特に無機材料のスクリーニングにもコンビナトリアル化学を用い、新しい光学/電気特性・触媒機能をもつ材料を開発している。

3)遺伝暗号システムの拡張

遺伝学的手法を使ってタンパク質に非天然型アミノ酸を導入する一般的手法を開発した。現在のタンパク製剤・ペプチド製剤の台頭を受け、本技術の地位と需要は益々高まっている。

pg_schultz_6

画像はこちらより引用

 

コメント&その他

  1. 超人的なハードワーカーで、メンバーにプレッシャーを与え続けるSlave Driverとしても有名。
  2. 500以上の論文を執筆、300人以上の大学院生・博士研究員を輩出。

関連動画

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  2. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  3. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  4. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  5. 北川 進 Susumu Kitagawa
  6. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  7. ディーン・トースト F. Dean Toste
  8. ジェイ・キースリング Jay Keasling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  2. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  3. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  4. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  5. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  6. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  7. バージェス試薬 Burgess Reagent
  8. リコペン / Lycopene
  9. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  10. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP