[スポンサーリンク]


モルヒネ

  1. オピオイド受容体、オレキシン受容体を標的とした創薬研究ーChemical Times 特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。もう4月の半ばということで、本年2号目のケミカルタイムズ...いやケミタイの発行です。ほんとコロナ禍どんどん時間ばかり過ぎていってしまいま…

  2. 砂糖水からモルヒネ?

    モルヒネ、と聞くと犯罪の匂いがしますよね。きちんと医薬品として利用されているにも関わらず。モ…

  3. ギルバート・ストーク Gilbert Stork

    ギルバート・ストーク(Gilbert Stork、1921年12月31日-2017年10月21日)は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化
  2. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  3. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授
  4. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  5. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  6. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  7. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

PAGE TOP