[スポンサーリンク]

化学一般

堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯

 概要

明治という我が国の近代史における激動の時代に不撓不屈の志を持って単身アメリカに渡り、先進国の技術、知識を故郷に持ち帰るという偉業を成し遂げた高峰譲吉博士の生涯を綴った書。貧しい生活の中でも決して諦めず化学の研究に打ち込み数々の革新的な発見を成し遂げ、最後の最後まで化学者でありつづけると共に、日米の架け橋役も演じ、日本の近代化学工業の基礎を確立していく人生は化学を志す者の手本とも言うべきもの。

 対象

科学の道を志す高校生、学部生。また、偉人の伝記としても読み応え十分。

 解説

本書は1999年初版発行で少し古いですが、高峰譲吉の伝記としては決して色あせていません。高峰譲吉はデンプンを分解する酵素タカヂアスターゼ、ホルモンのアドレナリンの結晶化に成功するなど、当時では画期的とも言える発見をしています。高峰譲吉は日本におけるタカジアスターゼの販売権を持つ現在の第一三共の前身である三共の初代社長でることでもよく知られていることでしょう。

その研究は常に実用化が念頭に置かれており、後の特許の取得によって巨万の富を生み出すはずでしたが、しかし、その特許に関する紆余曲折の節も興味深く読むことができます。特に、英国留学、帰国後のアメリカ永住までの半生は激動につぐ激動。高橋是清、渋沢栄一といった近現代史では必ず目にする人物との深い関わり合いも興味深いものがあります。妻キャロラインの献身的な看病による奇跡的な病からの回復や、その際に夢見たという「両頭共坐断 八面起清風」、生きるも、死ぬも、大いなる力に任せ切って、精一杯研究に打ち込もうという現代の研究者で到底到達困難な境地を迎える一節に胸を打たれます。「せっかく留学して学んできた知識と技術を、欧米の真似事ではなく、日本固有の化学工業のために応用したいのです。」という高峰の言葉は現代の科学者の心にも響くことでしょう。

 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. Cleavage of Carbon-Carbon Single…
  2. 医薬品のプロセス化学
  3. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  4. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  5. フィンランド理科教科書 化学編
  6. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  7. 2016年4月の注目化学書籍
  8. まんがサイエンス

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  2. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  3. シェールガスにかかわる化学物質について
  4. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  5. イベルメクチン /Ivermectin
  6. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  7. オープンアクセス論文が半数突破か
  8. 1と2の中間のハナシ
  9. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  10. 官能基「プロパルギル基」導入の道

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP