[スポンサーリンク]

ケムステニュース

室温で液状のフラーレン

[スポンサーリンク]

液状フラーレン

 独立行政法人物質・材料研究機構(理事長:岸 輝雄)ナノ有機センター(センター長:一ノ瀬 泉)超分子グループの中西 尚志研究員(若手国際研究拠点兼任)は、同グループの道信 剛志特別研究員、有賀 克彦ディレクターらと共に、炭素系ナノ材料であるフラーレンに化学修飾を施すことによって、室温において溶媒を含まない液状のカーボン素材の開発に成功した。(引用:物質・材料研究機構)?

 フラーレンは電子材料等の応用のため多くの研究がされています。例えば、フラーレンをパカッと空けて中に金属や水素を入れた貯蔵フラーレンやDiels-Alder反応等により化学修飾することで他の分子と結合させ、フラーレンの性質を変え新たな物性を探索するなどです。

 今回は、フラーレンにこのような置換基を化学修飾することで、溶媒がなくとも室温でも液体であるフラーレンが完成したということです。導入するアルキル鎖を変えることで、粘性が変化するようです。?二次電池の炭素電極や、高いホール輸送性を活かした電気化学キャパシタなどに用いることが期待できるらしいです。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  2. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  3. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  4. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  5. 2017年10大化学ニュース
  6. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  7. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  8. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マリウス・クロア G. Marius Clore
  2. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  3. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  4. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  5. 春の褒章2011-化学
  6. 新人化学者の失敗ランキング
  7. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  8. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  9. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  10. モリブデン触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP