[スポンサーリンク]


レセルピン

  1. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

    非対称化戦略を用いたレセルピン合成が達成された。今までの全合成と比べても構造的に簡単な中間体を用いて合成することができる。レセルピン天然物合成は希少化合物の合成的供給を可能にするだけでなく、複雑構造物質を作り上げる新規合成戦略の提示…

  2. ギルバート・ストーク Gilbert Stork

    ギルバート・ストーク(Gilbert Stork、1921年12月31日-2017年10月21日)は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  2. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  3. 1,2-還元と1,4-還元
  4. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  5. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  7. サラシノール/Salacinol

注目情報

最新記事

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

PAGE TOP