[スポンサーリンク]

キャンペーン

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Part I, Part II, Part III)。

さて、今週金曜日から今度は日本薬学会第137年会が4日間に渡り開催されます。日本化学会年会には及びませんが、薬学関係者が1年に一度一同に集まる大きな会です。

というわけで、薬学会年会でも「付設展示会ケムステキャンペーン」やっちゃいます。2013年2014年に続く3年ぶりの復活です。

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。

化学会に比べると大変小規模ですがぜひご参加ください。参加企業は、東京化成工業シュプリンガーネイチャーカクタス・コミュニケーションズの3社です(少なくてすみません!)。

東京化成工業の付設展示会と読者特典

展示会情報

東京化成工業は、日本薬学会第137年会併催展示会で、有機合成化学分野、ライフサイエンス分野を中心に、各種新製品のパンフレットなどを展示します。試薬に関するご質問なども、お気軽にご相談ください。

また、今年もやりますTCIオリジナルグッズが当たるキャンペーン!アンケートにご回答いただくと、「圧倒的合成力」Tシャツ構造式Tシャツなどの人気グッズが抽選で当たります。

詳細は東京化成工業のウェブページで!

読者特典

ケムステ読者特典

東京化成工業のブースにて合言葉「ケムステをみた!」とお声がけください。先着10名様にオリジナルグッズのあぶらとり紙をプレゼントいたします。

ぜひ、薬学会年会へご参加の際は、東京化成工業のブースへお立ち寄りください。

みなさまのご来場をお待ちしております!

シュプリングネイチャーの付設展示会と読者特典

展示会情報

日本薬学会 137年会特集 <<特別割引にて販売中>> Springer Nature社

書籍を学会特価で承ります。薬学関連書籍のほか、英語の論文の書き方や、英語でのプレゼンなど、ヒント満載の書籍もご用意しています。

ご注文いただいた方に、シュプリンガー・ネイチャーのオリジナル・グッズを差し上げます!

学会会場でも、またウェブでもご注文いただけます。展示タイトルリスト以外にも気になる書籍がありましたら、シュプリンガー・ネイチャースタッフにお声掛けください。

電子で内容をご紹介します。またプリントのご注文もタイトルリスト以外でも学会特価適用で承ります。

展示タイトルリスト(ニュートリノ社サイト)

読者特典

シュプリンガー・ネイチャーのデータベース商品を会場でお試しいただき、

「ケムステを見た」

の枕詞とともに

フィードバックくださった方にはもれなくオリジナル・グッズを進呈します。

シュプリンガー・ネイチャー(展示室小間番号80)にご来場ください。

カクタス・コミュニケーションズ付設展示会と読者特典

展示会情報

カクタスコミュニケーションズが運営する、英文校正エディテージのブースでは、英文校正、論文翻訳、投稿支援などのサービス説明および「英文校正会社が教える英語のミス100」の学会特別価格での販売を行っております。

「英文校正を業者に依頼することに不安を感じている」「エディテージのサービスをもっと知りたい」など気になることがございましたら、この機会に私たちに質問をいただければ幸いです。

また「プレゼントの抽選会」も行っています。

ケムステ読者特典

「プレゼントの抽選会」の他にこのポストをご覧になって「ケムステを見た!」といっていただけると「抽選無し」でプレゼントがもらえてしまいます。プレゼントは以下の3点

  1. エディテージ・オリジナル・キャラクター「エディ太君」のぬいぐるみ 【先着10名様】
  2. エディテージ・オリジナル・マグカップ 【先着20名様】
  3. エディテージサービス10%割引券【全員】

※プレゼント用の在庫が無くなるまでは「エディ太君」のぬいぐるみかマグカップのどちらかをお選びいただけます。

それでは会場でお目にかかれることを楽しみにしています。

お願い

東京化成工業の「合成するぞTシャツ」をゲットしたいところですが、最低でもあぶらとり紙をゲットしましょう。シュプリンガーのグッズもどんなものでしょうか?カクタスの抽選なしグッズを手に入れよう!

なお、各企業様は日本化学会の付設展示会を盛り上げるべく様々な企画を提供していただいています。このケムステ読者特典も直接お願いしてご厚意で提供してもらっているものです。我々の研究活動には無くてはならないメーカー・サポート企業なのでくれぐれも失礼のないようにお願い致します。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 掟破り酵素の仕組みを解く
  2. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定…
  3. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  4. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  5. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  6. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に…
  7. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  8. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  2. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  3. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  4. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  6. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  7. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  8. 核酸塩基は4つだけではない
  9. 2011年10大化学ニュース【後編】
  10. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP