[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

変幻自在にジアゼンへ!アミンを用いたクロスカップリングの開発

[スポンサーリンク]

アミンの脱窒素型クロスカップリング反応が報告された。アミンとO-ノシルヒドロキシアミンから反応系中で非対称ジアゼンを生成し、光触媒からのエネルギー移動でカップリング体を与える。

アミンを用いた脱窒素型クロスカップリング反応の開発                         

ラジカルクロスカップリング反応は、ラジカルの反応性の高さから、嵩高い基質同士のC(sp3)–C(sp3)結合形成も可能な強力な手法である。精力的な研究により様々な官能基がカップリング反応に利用されるようになっており、近年では天然に豊富に存在するアルコールやカルボン酸も利用可能である[1]。しかし、同じく豊富に存在するアミンを用いたクロスカップリング反応はわずかである。

アミンのラジカルクロスカップリング反応を達成した例として、カトリツキー型ピリジニウム塩やレドックス活性イミンを用いた反応が知られる(図1A, B)[2]。これらの活性化されたアミンは、可視光照射によりラジカルを生じる。1)遷移金属/可視光レドックス触媒を用いる反応もしくは2)a-アミノアルキルラジカルとの反応に利用されるが、前者は遷移金属触媒へのラジカル付加や酸化的付加が必要であり、立体的制約から嵩高い基質のカップリングが進行しない。後者はカップリングパートナーが限定されるという課題があった。

アミンを用いる新たなラジカルクロスカップリング反応の開発に向け、著者らはジアゼンの脱窒素型C–C結合形成反応に着目した。ほぼ同時期に、Michaudelらは光触媒からのエネルギー移動により、ジアゼンが脱窒素を伴いながらジラジカルを与えることを見いだした。このラジカルはホモカップリングおよびC(sp3)–C(sp2)結合形成に利用できた(図1C)[3]。一方、著者らは非対称ジアゼンを用いれば、脱窒素型ラジカル-ラジカルクロスカップリング反応を達成できると想定した。実際に、著者らはアミンとO-ノシルヒドロキシルアミン(ONHA)から調製した非対称ジアゼンに可視光を照射することで、脱窒素型“分子内”クロスカップリング反応が進行することを見いだした(図1D)。

図1. (A) カトリツキー型ピリジン塩、(B)レドックス活性イミン、(C) 脱窒素型変換反応、(D) 本研究

 

“Cross-Coupling of Amines via Photocatalytic Denitrogenation of In Situ Generated Diazenes”

Keri A. Steiniger.; Matthew C. Lamb.; Tristan H. Lambert.  J. Am. Chem. Soc. 2023, 145, 11524–11529.

DOI: 10.1021/jacs.3c03634

論文著者の紹介

研究者:Tristan H. Lambert

研究者の経歴:

–1998    B.Sc. University of Wisconsin at Platteville, USA
1998–2000 M.Sc. University of California at Berkeley, USA (Prof. David W. C. MacMillan)
2000–2004 Ph.D. California Institute of Technology, USA (Prof. David W. C. MacMillan)
2004–2006 Postdoc, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center USA(Prof. Samuel Danishefsky)
2006–2011 Assistant Professor, Columbia University, USA
2011–2016 Associate Professor, Columbia University, USA
2016–                Professor, Columbia University, USA

研究内容:三、五員環芳香族イオンの有機強塩基と強酸としての触媒的活用、新規光触媒の開発

論文の概要

検討の結果、著者らはアセトニトリル中[Ir(dFCF3ppy)2(dtbbpy)]PF6存在下、アミン(1)とO-ノシルヒドロキシアミン(2)から調製したジアゼンに対し、可視光照射することで脱窒素型クロスカップリング反応が進行することを見いだした(図2A)。本反応はメチルドパ(4)やシタグリプチン(5)およびリナグリプチン(6)などの医薬品に適用することが可能であった(図2B)。さらには、アリルエポキシドやカルボキシ基、共役テトラエンなどの官能基を有するアミノグリコシド、ナタマイシン(7)にも適用できた。また、本反応は、シクロヘキシル(8)に加え、テトラヒドロピラニル(9)や一級アルキル(10)など様々なONHAが利用できた(図2C)。次に、著者らはリシン(11)の位置選択的クロスカップリング反応を試みた(図2D)。ヒドラジン形成がアミンからONHAの窒素への求核攻撃によって進行するならば、二つのアミノ基の嵩高さの違いにより選択性が発現すると考えられる。実際、一級アミンが選択的に反応し、良好な収率で12を得ることに成功した。

以上、著者らはアミンとONHAから調製したジアゼンの脱窒素型クロスカップリング反応を報告した。今後、多彩な骨格を構築可能な不斉反応への応用が期待される。

参考文献

  1. (a)Zhang, X.; MacMillan, D. W. C. Alcohols as Latent Coupling Fragments for Metallaphotoredox Catalysis: sp3–sp2 Cross-Coupling of Oxalates with Aryl Halides. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 13862–13865. DOI: 10.1021/jacs.6b09533 (b) Lackner, G. L.; Quasdorf, K. W.; Overman, L. E. Direct Construction of Quaternary Carbons from Tertiary Alcohols via Photoredox-Catalyzed Fragmentation of tert-Alkyl N-Phthalimidoyl Oxalates. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 15342–15345. DOI: 10.1021/ja408971t. (c) Nawrat, C. C.; Jamison, C. R.; Slutskyy, Y.; MacMillan, D. W. C.; Overman, L. E. Oxalates as Activating Groups for Alcohols in Visible Light Photoredox Catalysis: Formation of Quaternary Centers by Redox-Neutral Fragment Coupling. J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 11270–11273. DOI: 10.1021/jacs.5b07678 (d) Zheng, Y.-L.; Newman, S. G. Cross-Coupling Reactions with Esters, Aldehydes, and Alcohols. Chem. Commun. 2021, 57, 2591–2604. DOI: 10.1039/D0CC08389E (e) Dong, Z.; MacMillan, D. W. C. Metallaphotoredox-Enabled Deoxygenative Arylation of Alcohols. Nature 2021, 598, 451–456. DOI: 10.1038/s41586-021-03920-6 (f) Wei, Y.; Ben‐zvi, B.; Diao, T. Diastereoselective Synthesis of Aryl C‐Glycosides from Glycosyl Esters via C–O Bond Homolysis. Angew. Chem., Int. Ed. 2021, 60, 9433–9438. DOI: 10.1002/anie.202014991 (g) Chi, B. K.; Widness, J. K.; Gilbert, M. M.; Salgueiro, D. C.; Garcia, K. J.; Weix, D. J. In-Situ Bromination Enables Formal Cross-Electrophile Coupling of Alcohols with Aryl and Alkenyl Halides. ACS Catal. 2022, 12, 580–586. DOI: 10.1021/acscatal.1c05208
  2. (a) Rodríguez, N.; Goossen, L. J. Decarboxylative Coupling Reactions: A Modern Strategy for C–C Bond Formation. Chem. Soc. Rev. 2011, 40, 5030. DOI: 10.1039/c1cs15093f (b) Zuo, Z.; Ahneman, D. T.; Chu, L.; Terrett, J. A.; Doyle, A. G.; MacMillan, D. W. C. Merging Photoredox with Nickel Catalysis: Coupling of a-Carboxyl sp3-Carbons with Aryl Halides. Science 2014, 345, 437–440. DOI: 10.1126/science.1255525 (c) Dong, Z.; MacMillan, D. W. C. Metallaphotoredox-Enabled Deoxygenative Arylation of Alcohols. Nature 2021, 598, 451–456. DOI: 10.1038/s41586-021-03920-6 (d) Sakai, H. A.; MacMillan, D. W. C. Nontraditional Fragment Couplings of Alcohols and Carboxylic Acids: C(sp3)–C(sp3) Cross-Coupling via Radical Sorting. J. Am. Chem. Soc. 2022, 144, 6185–6192. DOI: 10.1021/jacs.2c02062
  3. Chattapadhyay, D.; Aydogan, A.; Doktor, K.; Maity, A.; Wu, J. W.; Michaudel, Q. Harnessing Sulfur(VI) Fluoride Exchange Click Chemistry and Photocatalysis for Deaminative Benzylic Arylation. ACS Catal. 2023, 13, 7263–7268. DOI: 1021/acscatal.3c01981

 

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. JSRとはどんな会社?-1
  2. ケムステVシンポ「最先端有機化学」開催報告(前編)
  3. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  4. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  5. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  6. エナンチオ選択的ジフルオロアルキルブロミド合成
  7. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantifi…
  8. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来20…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  2. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  3. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  4. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  5. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!
  6. 熊田 誠 Makoto Kumada
  7. 地球外生命体を化学する
  8. 新たな要求に応えるために発展するフッ素樹脂の接着・接合技術
  9. エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる
  10. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

超高圧合成、添加剤が選択的物質合成の決め手に -電池材料等への応用に期待-

第565回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所 東・…

「ハーバー・ボッシュ法を超えるアンモニア合成法への挑戦」を聴講してみた

bergです。この度は2023年9月8日(金)に慶応義塾大学 矢上キャンパスにて開催された西林教授の…

(+)-Pleiocarpamineの全合成と新規酸化的カップリング反応を基盤とした(+)-voacalgine Aおよび(+)-bipleiophyllineの全合成

第564回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科分子薬科学専攻・医薬製造化学分野(徳山…

ResearchGateに対するACSとElsevierによる訴訟で和解が成立

2023年9月15日、米国化学会(ACS)とElsevier社がResearchGateに対して起こ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2023/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

理研、放射性同位体アスタチンの大量製造法を開発

理化学研究所 仁科加速器科学研究センター 核化学研究開発室、金属技研株式会社 技術開発本部 エン…

マイクロ波プロセスを知る・話す・考える ー新たな展望と可能性を探るパネルディスカッションー

<内容>参加いただくみなさまとご一緒にマイクロ波プロセスの新たな展望と可能性について探る、パ…

SFTSのはなし ~マダニとその最新情報 後編~

注意1:この記事は人によってはやや苦手と思われる画像を載せております ご注意ください注意2:厚生…

様々な化学分野におけるAIの活用

ENEOS株式会社と株式会社Preferred Networks(PFN)は、2023年1月に石油精…

第8回 学生のためのセミナー(企業の若手研究者との交流会)

有機合成化学協会が学生会員の皆さんに贈る,交流の場有機化学を武器に活躍する,本当の若手研究者を知ろう…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP