[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

黎书华 Shuhua Li

 黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南京大学 教授。(引用:Shuhua Li’s group)

経歴

1990 Central South Univerisity of Technology 卒業
1993 Central South Univerisity of Technology 修士号取得
1996 南京大学 博士号取得
1996-1998 南京大学 博士研究員
1998-2000 Texas A&M大学 博士研究員
2000  南京大学 准教授
2002 南京大学 教授

受賞歴

2002 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society
2004 The Project for Young Teachers in Universities by Fok Ying Tong Education Foundation
2008 The Pople Medal of Asian Pacific Association of Theoretical & Computational Chemists
2009 Science & Technology Award for Chinese Youth
2009 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society and Royal Society of Chemistry

研究概要

計算化学主導でピリジル-ボリルラジカルの特性を明らかにし、有機合成へと応用している[1]。

関連文献

  1. Wang, G.; Zhang, H.; Zhao, J.; Li, W.; Cao, J.; Zhu, C.; Li, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 5985. DOI: 10.1002/anie.201511917
  2. Wang, G.; Cao, J.; Gao, L.; Chen, W.; Huang, W.; Cheng, W.*; Li, S.* J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 3904. DOI: 10.1021/jacs.7b00823

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 中村 修二 Shuji Nakamura
  2. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  4. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  5. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  6. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  7. 原田 明 Akira Harada
  8. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  2. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  3. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  4. 研究者よ景色を描け!
  5. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  6. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  7. 分子素子の働き せっけんで確認
  8. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  9. シェールガスにかかわる化学物質について
  10. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP