[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

黎书华 Shuhua Li

[スポンサーリンク]

 黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南京大学 教授。(引用:Shuhua Li’s group)

経歴

1990 Central South Univerisity of Technology 卒業
1993 Central South Univerisity of Technology 修士号取得
1996 南京大学 博士号取得
1996-1998 南京大学 博士研究員
1998-2000 Texas A&M大学 博士研究員
2000  南京大学 准教授
2002 南京大学 教授

受賞歴

2002 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society
2004 The Project for Young Teachers in Universities by Fok Ying Tong Education Foundation
2008 The Pople Medal of Asian Pacific Association of Theoretical & Computational Chemists
2009 Science & Technology Award for Chinese Youth
2009 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society and Royal Society of Chemistry

研究概要

計算化学主導でピリジル-ボリルラジカルの特性を明らかにし、有機合成へと応用している[1]。

関連文献

  1. Wang, G.; Zhang, H.; Zhao, J.; Li, W.; Cao, J.; Zhu, C.; Li, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 5985. DOI: 10.1002/anie.201511917
  2. Wang, G.; Cao, J.; Gao, L.; Chen, W.; Huang, W.; Cheng, W.*; Li, S.* J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 3904. DOI: 10.1021/jacs.7b00823

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  2. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧
  3. フランク・グローリアス Frank Glorius
  4. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  5. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  6. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  7. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  8. ステファン・ヘル Stefan W. Hell

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  2. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  3. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  4. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
  5. デルフチバクチン (delftibactin)
  6. ぼっち学会参加の極意
  7. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  8. エコエネルギー 家庭で競争
  9. 【21卒】太陽ホールディングスインターンシップ
  10. 官営八幡製鐵所関連施設

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP