[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

黎书华 Shuhua Li

 黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南京大学 教授。(引用:Shuhua Li’s group)

経歴

1990 Central South Univerisity of Technology 卒業
1993 Central South Univerisity of Technology 修士号取得
1996 南京大学 博士号取得
1996-1998 南京大学 博士研究員
1998-2000 Texas A&M大学 博士研究員
2000  南京大学 准教授
2002 南京大学 教授

受賞歴

2002 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society
2004 The Project for Young Teachers in Universities by Fok Ying Tong Education Foundation
2008 The Pople Medal of Asian Pacific Association of Theoretical & Computational Chemists
2009 Science & Technology Award for Chinese Youth
2009 Outstanding Young Chemist Award of Chinese Chemical Society and Royal Society of Chemistry

研究概要

計算化学主導でピリジル-ボリルラジカルの特性を明らかにし、有機合成へと応用している[1]。

関連文献

  1. Wang, G.; Zhang, H.; Zhao, J.; Li, W.; Cao, J.; Zhu, C.; Li, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 5985. DOI: 10.1002/anie.201511917
  2. Wang, G.; Cao, J.; Gao, L.; Chen, W.; Huang, W.; Cheng, W.*; Li, S.* J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 3904. DOI: 10.1021/jacs.7b00823

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  2. 森謙治 Kenji Mori
  3. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  5. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  6. ジョン・フェン John B. Fenn
  7. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  8. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  2. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  5. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  6. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  7. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  8. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  9. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  10. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP