[スポンサーリンク]


不斉水素化

  1. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

    ウィリアム・スタンディッシュ・ノールズ (William Standish Knowles、1917年6月1日-)は、アメリカの化学者である(写真:nobelprize.org)。2001年に「不斉水素化反応の開発」業績によって、野依・…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  2. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  3. サラシノール salacinol
  4. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  5. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP