[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エリック・カレイラ Erick M. Carreira

[スポンサーリンク]

エリック・M・カレイラ (Erick M. Carreira、1963年xx月xx日(ハバナ、キューバ生)-)は、スイスの有機化学者である。スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETH Zurich)教授(写真:Carreira Group HPより)。

経歴

1984 イリノイ大学ウルバーナ・シャンペーン 卒業 (Scott E. Denmark教授)
1990 ハーバード大学 博士号取得 (David A. Evans教授)
1990-1992 カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Peter Darvan教授)
1992 カリフォルニア工科大学 助教授
1996 カリフォルニア工科大学 准教授
1997 カリフォルニア工科大学 教授
1998-現在 スイス連邦工科大学チューリヒ校 教授

 

受賞歴

American Chemical Society Award in Pure Chemistry
Nobel Laureate Signature Award
Fresenius Award
David and Lucile Packard Foundation Fellowship in Science
Alfred P. Sloan Fellowship
Camille and Henry Dreyfus Teacher Scholar Award
Merck Young Investigator Award
Eli Lilly Young Investigator Award
Pfizer Research Award, National Science Foundation CAREER Award
Arnold and Mabel Beckman Young Investigator Award
Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
the Associated Students of the California Institute of Technology Annual Award in Teaching
Richard M. Badger Award in Teaching.

 

研究概要

生物活性化合物の不斉全合成

エポシロン類、ザラゴジン酸C、ルーカスカンドロライドA、スピロトリプロスタチン、クロロスルホリピッド類[1]などの合成を達成。(ある化合物合成に関する関連記事:とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜)

新規均一系触媒・不斉触媒の開発

ヒドロアジド化、トリフルオロメチルシクロプロペンなどを合成できる触媒系を開発。

新規医薬ビルディングブロックの開拓

近年では医薬ビルディングブロックとしてのオキセタン骨格・アゼチジン骨格に着目した研究を行なっている。[2]

 

Cubenew2012

出展:Carreira HPより

コメント&その他

  • カリフォルニア工大時代、ラボのあるメンバーに出した通告文面が出回っており、アメリカの学生・ポスドクなどに関する雇用関係が伺える(関連記事:アカデミックの世界は理不尽か?

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1.  (a) Nilewski, C.; Geisser, R. W.; Carreira, E. M. Nature 2009, 547, 573. doi:10.1038/nature07734 (b) Nilewski, C.; Geisser, R. W.; Ebert, M.-O.; Carreira, E. M. J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 15866. doi:10.1021/ja906461h
  2. Burkhard, J. A.; Wuitschik, G.; Rogers-Evans, M.; Muller, K.; Carreira, E. M. Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 9052. DOI: 10.1002/anie.200907155
  3. A.P. Frei, O-Y. Jeon, S. Kilcher, H. Moest, L.M. Henning, C. Jost, A. Plückthun, J. Mercer, R. Aebersold, E.M. Carreira, B. Wollscheid, Nature Biotechnology 201230, 997. DOI:10.1038/nbt.2354
  4. S. Krautwald, D. Sarlah, M.A. Schafroth, E.M. Carreira, Science 2013340, 1065. DOI: 10.1126/science.1237068
  5. B. Morandi, E.M. Carreira, Science 2012, 335, 1471. DOI: 10.1126/science.1218781

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  2. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  3. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  4. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  5. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  6. 原田 明 Akira Harada
  7. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  8. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  2. 水素社会~アンモニアボラン~
  3. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  4. 日本人化学者による卓越した化学研究
  5. 3.11 14:46 ①
  6. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  7. アカデミックの世界は理不尽か?
  8. スナップタグ SNAP-tag
  9. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  10. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP