[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

[スポンサーリンク]

ウィリアム・スタンディッシュ・ノールズ (William Standish Knowles、1917年6月1日-)は、アメリカの化学者である(写真:nobelprize.org)。2001年に「不斉水素化反応の開発」業績によって、野依・Sharplessとノーベル化学賞を共同受賞。

経歴

19xx コロンビア大学 博士号取得
19xx モンサント社 研究員

 

受賞歴

2001 ノーベル化学賞

 

研究概要

キラル二座ホスフィン配位子DIPAMPの開発およびL-DOPAの工業的製法確立

homogeneous_hydrogenation_6.gif

 

パーキンソン病への対症薬として用いられるL-DOPAの不斉合成法を確立し、工業プロセスへと展開した。

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヌノ・マウリド Nuno Maulide
  2. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki
  3. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  4. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  5. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  6. 吉田 優 Suguru Yoshida
  7. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  8. マーティン・バーク Martin D. Burke

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜
  2. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  3. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成
  4. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』
  5. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  6. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  7. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  8. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  9. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  10. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子…

【四国化成ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

部分酸化状態を有する純有機中性分子結晶の開発に初めて成功

第464回のスポットライトリサーチは、熊本大学 大学院自然科学教育部 理学専攻 化学コース 上田研究…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP