[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

[スポンサーリンク]

ウィリアム・スタンディッシュ・ノールズ (William Standish Knowles、1917年6月1日-)は、アメリカの化学者である(写真:nobelprize.org)。2001年に「不斉水素化反応の開発」業績によって、野依・Sharplessとノーベル化学賞を共同受賞。

経歴

19xx コロンビア大学 博士号取得
19xx モンサント社 研究員

 

受賞歴

2001 ノーベル化学賞

 

研究概要

キラル二座ホスフィン配位子DIPAMPの開発およびL-DOPAの工業的製法確立

homogeneous_hydrogenation_6.gif

 

パーキンソン病への対症薬として用いられるL-DOPAの不斉合成法を確立し、工業プロセスへと展開した。

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  2. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  3. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  4. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  5. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  6. 林 民生 Tamio Hayashi
  7. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  8. クリス・クミンス Christopher C. Cummins

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 目指せ!フェロモンでリア充生活
  2. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  3. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  5. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  6. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  7. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction
  8. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  9. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  10. 世界の化学企業いくつ知っていますか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP