[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

ウィリアム・スタンディッシュ・ノールズ (William Standish Knowles、1917年6月1日-)は、アメリカの化学者である(写真:nobelprize.org)。2001年に「不斉水素化反応の開発」業績によって、野依・Sharplessとノーベル化学賞を共同受賞。

経歴

19xx コロンビア大学 博士号取得
19xx モンサント社 研究員

 

受賞歴

2001 ノーベル化学賞

 

研究概要

キラル二座ホスフィン配位子DIPAMPの開発およびL-DOPAの工業的製法確立

homogeneous_hydrogenation_6.gif

 

パーキンソン病への対症薬として用いられるL-DOPAの不斉合成法を確立し、工業プロセスへと展開した。

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Wen-Jing Xiao
  2. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  3. 天野 浩 Hiroshi Amano
  4. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  5. ジョン・フェン John B. Fenn
  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  7. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  8. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation
  2. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  3. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授
  4. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  5. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  6. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  7. 共役はなぜ起こる?
  8. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  9. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  10. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP