[スポンサーリンク]


立体電子効果

  1. A値(A value)

    A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘキサンにおけるeq-置換シクロヘキサンとax-置換シクロヘキサン間の平衡のギブス自由エネルギーの変化量(差)。シクロヘキサンの配座異…

  2. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

    概要α位に不斉中心を持つようなカルボニル化合物への求核付加では、立体選択性が発現…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 原子量に捧げる詩
  2. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  3. ディスコデルモライド /Discodermolide
  4. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  5. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  6. カセロネス鉱山
  7. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

PAGE TOP