[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ハリー・グレイ Harry B. Gray

ハリー・B・グレイ(Harry B. Gray、1935年xx月xx日-)は、アメリカの無機化学者、生化学者である(写真:カリフォルニア工科大学)。カリフォルニア工科大学教授。

 

経歴

1957 ウェスタンケンタッキー大学 卒業
1960 ノースウェスタン大学 博士号取得
1960-1961 コペンハーゲン大学博士研究員
1961-1963 コロンビア大学 助教授
1963-1965 コロンビア大学 准教授
1965-1966 コロンビア大学 教授
1966- カリフォルニア工科大学 教授

受賞歴

1986 National Medal of Science
1991 プリーストリーメダル
1992 Linderstorm-Lang Prize
1992 Gibbs Medal
2003 National Academy of Science Award
2004 ウルフ賞
2004 ベンジャミンフランクリンメダル
2006 フローレンス市分子科学賞
2008 Pupin Medal
2009 ロバート・ウェルチ賞
2010 International Coordination Chemistry Award from Japan
2013 Othmer Gold Medal
2014 T. W. Richards Medal

 

研究概要

遠距離電子移動過程の発見・解析

近距離でしか電子移動は起こらないものと考えられていたが、Grayグループは3ナノメートル以上離れた距離でも電子移動を起こしうる系を見いだした。これは光合成をエネルギー移動/貯蔵系として捉えるための重要な基礎的知見となった。

彼らは研究を発展させ、現在は光照射によって水素を発生させる無機材料の開発に取り組んでいる。

 

名言集

 

コメント & その他

論文執筆数は750以上。

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 浜地 格 Itaru Hamachi
  2. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  3. エリック・メガース Eric Meggers
  4. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  5. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  6. サン・タン San H. Thang
  7. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  8. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  2. 健康食品から未承認医薬成分
  3. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  4. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  5. アントシアニン / anthocyanin
  6. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』
  7. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  8. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate
  9. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  10. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP