[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ハリー・グレイ Harry B. Gray

ハリー・B・グレイ(Harry B. Gray、1935年xx月xx日-)は、アメリカの無機化学者、生化学者である(写真:カリフォルニア工科大学)。カリフォルニア工科大学教授。

 

経歴

1957 ウェスタンケンタッキー大学 卒業
1960 ノースウェスタン大学 博士号取得
1960-1961 コペンハーゲン大学博士研究員
1961-1963 コロンビア大学 助教授
1963-1965 コロンビア大学 准教授
1965-1966 コロンビア大学 教授
1966- カリフォルニア工科大学 教授

受賞歴

1986 National Medal of Science
1991 プリーストリーメダル
1992 Linderstorm-Lang Prize
1992 Gibbs Medal
2003 National Academy of Science Award
2004 ウルフ賞
2004 ベンジャミンフランクリンメダル
2006 フローレンス市分子科学賞
2008 Pupin Medal
2009 ロバート・ウェルチ賞
2010 International Coordination Chemistry Award from Japan
2013 Othmer Gold Medal
2014 T. W. Richards Medal

 

研究概要

遠距離電子移動過程の発見・解析

近距離でしか電子移動は起こらないものと考えられていたが、Grayグループは3ナノメートル以上離れた距離でも電子移動を起こしうる系を見いだした。これは光合成をエネルギー移動/貯蔵系として捉えるための重要な基礎的知見となった。

彼らは研究を発展させ、現在は光照射によって水素を発生させる無機材料の開発に取り組んでいる。

 

名言集

 

コメント & その他

論文執筆数は750以上。

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  2. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  3. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  5. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  6. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  7. 新海征治 Seiji Shinkai
  8. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  2. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授
  3. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  4. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  5. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  6. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  7. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  8. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  9. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  10. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP