[スポンサーリンク]


重合触媒

  1. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

    皆さんご存じのとおり、二酸化炭素(CO2)は地球温暖化問題とも関連の深い分子です。生活が便利になった反面、車や発電所、化学工場から毎日大量に排出されてしまっています。ゆえにどちらかというと「悪者イメージ」の強い分子でしょうか。ほとん…

  2. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart

    モーリス・S・ブルックハート(Maurice S. Brookhart、1943年x月xx日-)はア…

  3. トビン・マークス Tobin J. Marks

    トビン・J・マークス(Tobin J. Marks、1944年11月25日-)はアメリカの化学者であ…

  4. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky

    ウォルター・カミンスキー(Walter Kaminsky, 1941年5月7日-)はドイツの高分子化…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  2. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  3. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  4. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  6. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  7. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

PAGE TOP