[スポンサーリンク]


重合触媒

  1. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

    皆さんご存じのとおり、二酸化炭素(CO2)は地球温暖化問題とも関連の深い分子です。生活が便利になった反面、車や発電所、化学工場から毎日大量に排出されてしまっています。ゆえにどちらかというと「悪者イメージ」の強い分子でしょうか。ほとん…

  2. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart

    モーリス・S・ブルックハート(Maurice S. Brookhart、1943年x月xx日-)はア…

  3. トビン・マークス Tobin J. Marks

    トビン・J・マークス(Tobin J. Marks、1944年11月25日-)はアメリカの化学者であ…

  4. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky

    ウォルター・カミンスキー(Walter Kaminsky, 1941年5月7日-)はドイツの高分子化…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  2. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  3. 光触媒による水素生成効率が3%に
  4. キレーション療法ってなに?
  5. 相次ぐ海外化学企業の合併
  6. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  7. 合同資源産業:ヨウ素化合物を作る新工場完成--長生村の千葉事業所 /千葉

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP