[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

玉尾皓平 Kohei Tamao

玉尾皓平(たまお こうへい, 1942年10月31日(香川県)- )は日本の有機化学者である(写真:日本化学会)。理化学研究所 研究顧問、グローバル研究クラスタ長。京都大学名誉教授。

一貫して有機ケイ素化学に関する研究を行い、世界的に有名なカップリング反応および酸化反応を開発した。2007年日本学士院賞。2011年文化功労者。

経歴

1965年京都大学工学部合成化学科を卒業、同大学大学院工学研究科に進学、1970年に博士課程を修了した。1970年京都大学工学部助手,1986年に助教授となり,1993年に京都大学化学研究所教授に昇任後、研究所所長などを経て、2005年京都大学退官。その後は理化学研究所のフロンティア研究システムセンター長、基幹研究所所長として活躍。

1965 京都大学工学部合成化学科 卒業
1970 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻 博士課程修了
1971 京都大学 工学博士(熊田 誠 教授)
1970 京都大学工学部合成化学科 助手
1986 京都大学工学部合成化学科 助教授
1993 京都大学化学研究所 教授
2000 京都大学化学研究所 所長
2004 附属元素科学国際研究センター長
2005 理化学研究所 フロンティア研究システムセンター長
2008 理化学研究所 基幹研究所 所長
2013  理化学研究所 研究顧問、グローバル研究クラスタ長

2012年、日本化学会会長に就任。

 

受賞歴

1977    日本化学会進歩賞
1999    日本化学会賞
2002    東レ化学技術賞
2002    Kipping賞
2003    朝日賞
2003    向井賞
2004    紫綬褒章
2007    日本学士院賞
2008  ケイ素化学協会賞
2011    文化功労者
2014    有機合成化学協会特別賞・名誉会員
2016    瑞宝重光章

 

研究概要

一貫して「元素の本質的特性に着目した物質創製」を基本概念とした元素科学研究をおこなってきた。

京都大学・熊田 誠教授(当時)とアリールハライド・アリールトリフラートとGrignard試薬間のニッケル触媒によるクロスカップリング反応(熊田・玉尾・コリュークロスカップリング)を開発した[1]。本手法は触媒的クロスカップリング反応という一大分野の礎となるものであり,今日の物質創製に不可欠な手法として広く応用されている。

その後、炭素-ケイ素結合の過酸化水素酸化による穏和なアルコール合成法の開発(玉尾・フレミング酸化[2]を開発した。ともに人名反応として世界的に定着している実用的反応である。

pioneer3.png
m-ol-14.gif玉尾・フレミング酸化

また、官能性ケイ素アニオン化学の開拓・確立,ケイ素を含む環状化合物(シロール類)の簡便合成法の開発とエレクトロルミネッセンス(EL)素子への応用[3]など、有機合成化学を基盤として機能性物質科学の発展に貢献した。

sirolEL.jpg

(引用:Yamaguchi Group)

関連論文

  1.  (a) Tamao, K.; Sumitani, K.; Kumada, M. J. Am. Chem. Soc. 1972, 94, 4374. DOI: 10.1021/ja00767a075 (b) Corriu, R. J. P.; Massse, J. P. J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1972, 144. DOI: 10.1039/C3972000144a
  2. Tamao, K.; Akita, M.; Kumada, M. Organometallics 1983, 2, 1694. DOI: 10.1021/om50005a041
  3. Tamao, K.; Uchida, M.; Izumizawa, T.; Furukawa, K.; Yamaguchi, S. J. Am. Chem. Soc. 1996, 118, 11974.  DOI: 10.1021/ja962829c
  4. Suzuki, K.; Matsuo, T.; Hashizume, D.; Fueno, H.; Tanaka, K.; Tamao, K. Science 331, 1306, 2011doi:10.1126/science.1199906

コメント&その他

  1. 研究以外にも、元素の用途などについての写真やイラストを盛り込んだユニークな元素周期表(一家に一枚周期表)を作成するなど、化学を広めるため活動しています。
  2. クロスカップリング反応」開発の立役者の一人としてノーベル化学賞候補とされていましたが、2010年化学賞では惜しくも選外となってしまいました。
  3. ケムステイブニングミキサーの発案者である。
  4. 元素ネイルの発案者でもある。

ikkaniitimaisyuukihyo.png

 

名言集

  • 「新しい研究領域を切り拓く勇気を持ち続けること。新発見の扉を開く緊張感はいつも心地よい」
  • 「流行を追わず、逆転思考を心がける」
  • 「”Something New”よりも、”What’s unknown” + “Simple is best”を思考の原点に」
    (『化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語』より引用)
  • 「若手研究者は論文1報より100人の友を得ることを心掛けてほしい」

関連動画

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. マーティン・バーク Martin D. Burke
  2. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  3. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  4. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  5. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  6. エド・ボイデン Edward Boyden
  7. 相田 卓三 Takuzo Aida
  8. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  2. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  3. 秋の褒章2010-化学
  4. 有機EL organic electroluminescence
  5. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  6. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  7. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加
  8. リード反応 Reed Reaction
  9. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids
  10. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP