[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第九回ケムステVシンポジウム「サイコミ夏祭り」を開催します!

[スポンサーリンク]

お盆を過ぎましたが、暑い日が続きますね。

第8回が間近に迫っていますが、次回のケムステVシンポジウムの開催告知です。

第9回ケムステVシンポジウムは、少し趣旨をかえてなんとサイエンスコミュニケーション(サイコミ)特集です!

研究に日夜いそしむ皆様、「化学のココがめっちゃ好き!」「たまらなく楽しい!」そんな溢れんばかりの気持ちを抱えながら、でもラボの外の友人にはうまく伝えられないもどかしさを感じていたりしませんか?好きなサイエンスにいつも触れていたくて、研究以外の場でもついつい化学(っぽいもの)を追い求めてしまう人も多いと思います。花火ならば炎色反応。朝顔ならばアントシアニン。ふと気づいたところにあるサイエンスの面白さを、誰かと共有したいと感じたことが、きっとあるのではないでしょうか。

「化学・科学を伝える」ことは、ケムステの大きなテーマの一つでもあります。
今回は、科学の枠をはみ出して活躍されている4名の方々をお招きし、その多様な活動内容や、”伝え方”のコツなどをお話いただきます。
自分の愛するサイエンスを熱く語れるようになりたいあなたも、共同研究の相手を探していて自分の研究をうまくPRできるようになりたいあなたも、研究とか未知の世界だけど何となくベンゼン環の形がカッコいいから化学が気になっているというあなたも、どなたでもご参加大歓迎です。

クリエイティビティに溢れた様々な形で「科学」を楽しむーそんなお話を一挙に聞けるというのは、まるで夏祭りのようでウキウキしますよね。
シンポジウム後には、きっと今まで知らなかった世界が広がっているはず。自分の活動に活かせそうなところを持ち帰りあって、私たち皆で科学・化学をもっと盛り上げていきましょう!

実施概要

第九回ケムステVシンポジウム

「サイコミ夏祭り〜科学クリエイティブはサイコー!〜」

開催日:2020年8月31日(月)19:00〜21:30
会場:オンライン
・講演者はZoom使用・YouTube Liveの限定URL配信
・録画は数日程度は限定公開
・URLは開催前日21時ごろに配布(前日21時以降の登録者には、開始10分前に送付)
定員:先着2000名(途中参加・退出・時間差視聴自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者:
野村 卓史 氏(science bar INCUBATOR 代表)
寒竹 泉美 氏(小説家・理系ライター(チーム・パスカル))
竹腰 麻由 氏(日本科学未来館 科学コミュニケーター)
小林 隆司 氏(物質・材料研究機構 広報室長)

 

講演時間:各20分程度+パネルディスカッション

参加登録:Connpassイベントページで行ってください・当日18:45まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、YouTube Liveに間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #サイコミ夏祭り

主催:Chem-Station
協賛:東京化成工業株式会社 / メルク(Sigma-Aldrich) / 島津製作所
ファシリテーター:白瀧 千夏子(Chem-Stationスタッフ)
モデレーター:苅田 譲(Chem-Stationコアスタッフ/マサチューセッツ工科大・博士研究員)、谷本 裕樹(奈良先端大・助教)、寄立 麻琴(Chem-Stationスタッフ/九大薬・助教)

Live配信後の動画の取り扱い

配信の後日、講演者が希望する範囲で編集した動画をYouTubeケムステチャンネルにアップします。

是非、ご視聴・チャンネル登録・高評価お願いします!

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

  •  ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,発行誌TCIメールの最新号を発行しました。
    こちらのページからダウンロードできます。https://bit.ly/30TMLaZ

    SNS用コメント募集!
    今回のシンポジウムのアンケートでは、SNS用コメントを募集します!
    お題は「有機化学川柳」、「研究室あるある」、「研究室内のすごい人」「有機化学者をしていて『これは職業病だな』と思ったエピソード」、「研究室内の格言・名言・迷言」です。
    例) 川柳: 「夏深し Boc2O 融けてゆく」
    研究室あるある: DMSOが凍っているのを見て冬を感じ、融けているのを見て春を感じる
    格言・名言・迷言: 「TLCを見れば何が起こっているか全てがわかる」
    たくさんのご応募、お待ちしています。

 

メルク(Sigma-Aldrich)

  • メルクLINE公式アカウントでは、読んで楽しく役に立つ最新情報をお届け!製品に関する質問は、AIチャットがていねいにお答えします。
    LINEで友だち追加はこちら ⇒ https://bit.ly/2DZodES

    サイエンス系お役立ちメディア「M-Hub」では、研究の最前線で活躍する研究者のインタビューや、ちょっとした実験・研究のポイントなどをお届けしています。
    詳細はこちら⇒ https://bit.ly/2E72LgX

     

    島津製作所

     

    今年で創業145周年を迎えました。
    人々の願いを実現し、社会に貢献するために。
    島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。
    →詳しくはこちら
    分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
    会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。
    →詳しくはこちら

     

    お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

アーカイブ動画(追記)

第9回ケムステVシンポは盛会で修了いたしました。編集して公開できる部分を公開しています。ぜひ御覧ください。

 

関連リンク

野村 卓史
science bar INCUBATOR
Twitter (INCUBATOR)

寒竹 泉美
チーム・パスカル
寒竹泉美WEBSITE
Twitter (寒竹泉美)

竹腰 麻由
日本科学未来館
Twitter (日本科学未来館)
Twitter (竹腰麻由)

小林 隆司
物質・材料研究機構(NIMS)

関連記事
NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

Shirataki

投稿者の記事一覧

目には見えない生き物の仕組みに惹かれ、生体分子の魅力を探っていこうとしています。ポスドクや科学館スタッフ、大学発ベンチャー研究員などを経て放浪中。

関連記事

  1. 博士号で世界へ GO!-ー日本化学会「化学と工業:論説」より
  2. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  3. 超分子ポリマーを精密につくる
  4. 決め手はジアゾアルケン!!芳香環の分子内1,3-双極子付加環化反…
  5. 磁性流体アートの世界
  6. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  7. 分子の磁石 “化学コンパス” ~渡り鳥の…
  8. フラクタルな物質、見つかる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 室温以上で金属化する高伝導オリゴマー型有機伝導体を開発 ―電子機能性を制御する新コンセプトによる有機電子デバイス開発の技術革新に期待―
  2. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  3. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録XXI ~博士,反応を処理する~
  5. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見
  6. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  7. 社会に出てから大切さに気付いた教授の言葉
  8. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  9. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  10. 天秤で量れるのは何mgまで?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP