[スポンサーリンク]


C-C結合活性化

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素(PAH)は近年様々な角度からの研究が進められている、世界中でホットな研究トピックです。これを光学活性な形に出来れば円偏光発光(CPL)など…

  2. 銀を使ってリンをいれる

    銀触媒による1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合開裂を伴うC–P結合の形成が報告された。合成中間体…

  3. カルベンで炭素ー炭素単結合を切る

    有機分子が反応する際にその化学結合に着目すると、結合の形成にはつねに結合の切断が伴います。分子骨格を…

  4. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

    "Asymmetric Intramolecular Arylcyanation of Un…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ルーシェ還元 Luche Reduction
  2. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  3. リンと窒素だけから成る芳香環
  4. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  5. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  6. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定まで
  7. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

PAGE TOP