[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

【書評】現場で役に立つ!臨床医薬品化学

[スポンサーリンク]

 

現場で役に立つ!臨床医薬品化学」は、2021年3月に化学同人より発行された、医薬品化学メディシナルケミストリーを中心とした教科書

対象

薬学生、薬学系大学院生、薬剤師、薬学教員、創薬化学者、など。

目次

Part1 医薬品を理解するための基礎知識
1章 現場で必要な臨床医薬品化学とは
2章 医薬品と生体との相互作用
3章 医薬品のコンポーネント―ファーマコフォア,バイオアイソスター
4章 プロドラッグとアンテドラッグ

Part2 代表的8疾患の医薬品
代表的8疾患を学ぶ意義
5章   がんとその治療薬
6章   糖尿病とその治療薬
7章   循環器疾患とその治療薬
8章   精神・神経疾患とその治療薬
9章   高血圧症とその治療薬
10章 免疫・アレルギー疾患とその治療薬および抗炎症薬
11章 感染症とその治療薬
12章 そのほかの重要な治療薬

概要

医薬品の性質を理解することに重きを置き、有機化合物としての医薬品の物性、反応性および分子レベルでの医薬品の作用機序について理解し、医療や臨床の現場で説明できるようにするための学びの教科書。薬学教育モデルコアキュラムに掲げられている、医療の現場でよく出合う、代表的な「8疾患」を治療するための医薬品をできるかぎり網羅した。構造式を収載した[医薬品FILE]には一般名とともに販売名とステムも記載。また、二次元バーコードは添付文書やインタビューフォームに飛ぶことができる。本書で学び,病院実習や薬局実習。そして未来の臨床さらに創薬現場で、ぜひ役立てていただきたい。

感想

薬の作用機序や効き目 (薬物動態など) には、有機化学が密接に関与しており、まさに有機化学は薬学の基礎の一つです。しかしながら、薬学生や薬剤師からの意見としては「有機化学は臨床において役に立たない」という意見も散見されます。そういった意見の根幹には、薬理学や薬物動態学などと有機化学が独立したカリキュラムとして教えられてきたという背景があると思います。確かに筆者も Birch 還元の条件を薬剤師が細かに覚えている必要は無いと思いますが、構造式や官能基と作用機序を関連づけて覚えることは、創薬化学においてはもちろん必須の知識ですし、臨床において相互作用や副作用・薬効のケーススタディを考えるうえでも非常に重要だと感じます。近年の薬剤師国家試験では、いわゆる実践問題に代表されるように、症例の提示からいきなり構造式に関する問題が出てくることも通例となりました。まさに、薬学部で学んだ知識を統合的に考えるスキルが求められるようになっています。

本書ではまず Part1 として、医薬品化学の必須の知識として、生体との相互作用やファーマコフォア・バイオアイソスターの概念、プロドラッグの例などを沢山の構造式とともに例示し、二色刷りの図で見やすく示しています。医薬品化学の教科書として比較的平素な記述で綴られており、初学者から薬剤師免許を取得して久しい臨床薬剤師に至るまで理解・復習しやすく書かれていると思います。大学の図書館などで古い医薬品化学の教科書を読むと、出ている医薬品も古いものしかなく「またこの話か…」と難儀することもありますが、本書はフィンゴリモドやホスアプレピタント、HIVインテグラーゼ阻害剤なども例として載っていて、「おお、新世代の教科書だ」とちょっと感動しました。

Part2では、2013年に改訂された薬学教育モデル・コアカリキュラム (コアカリ) で提示された代表的 8 疾患、すなわち、がん、高血圧症、糖尿病、心疾患、脳血管障害、精神神経疾患、免疫・アレルギー疾患、感染症に対する医薬品の各論が載っています。これらの領域は、90年代から使用されていた既存の薬も多いですが、例えば糖尿病領域においては DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬、GLP-1受容体作動薬など、がん領域に関しては各種分子標的薬や HDAC 阻害薬など、新薬もどんどん上市されている分野になります。そういった分野の医薬品 (の有機化学・医薬化学的側面) について分かりやすく up-to-date することも本書で可能になると思います。

また、昔はあまり国試や授業で問われませんでしたが、近年は糖尿病治療に用いるインスリン製剤についてもその作用時間や投与回数などの化学的工夫をしっかり学ぶ必要が出てきています。インスリン製剤の設計にも医薬品化学の知見がふんだんに散りばめられており、本書はその違いを違いを理解するための一助となるでしょう。

さらには、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 治療薬についてもわずかながら構造式とともに記述されています。2021年当時の記述ではありますが、例えばレムデシビルなどは今後の薬剤師国家試験などでは恐らく必出となってくる医薬品だと思いますので、本書を入手しそのさわりだけでも理解しておくことが日々の学習の助けになると思います。

医薬品の構造式の横には PMDA (独立行政法人 医薬品医療機器総合機構) のサイトにアクセス可能な二次元コードが載っており、詳細な情報へすぐにアクセスすることができます。

また、本書は読み物としてのコラムやアドバンストな記事も充実しています。百聞は一見に如かず、以下に一部を示します。

2024年度の入学生から薬学部のコアカリが改訂され、大学独自のカリキュラムが重視されるようになります。医薬品化学を教える先生方、ぜひともバラエティ豊かな内容の本書の採用を検討してみてはいかがでしょうか (本書を教科書採用いただいた先生には,講義用図表 (PowerPoint) 進呈のサービスがあります。詳しくはコチラ)。
また、既に臨床で活躍されている薬剤師の皆様も、本書を手に取って一度薬学の基礎である有機化学に立ち返り、最新の臨床薬学について有機化学の視点から学び直してみるのもおすすめです。調剤室や DI 室に一冊備えておいても良いと思いました。臨床における化学のスペシャリストとしての薬剤師になるための最適な一冊だと感じます。

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざし…
  2. 人物でよみとく化学
  3. 【書籍】新版 元素の小辞典
  4. ベーシック反応工学
  5. Semiconductor Photocatalysis: Pr…
  6. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  7. 先制医療 -実現のための医学研究-
  8. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  2. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  3. ファン・ロイゼン試薬 van Leusen Reagent (TosMIC)
  4. 有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体
  5. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定まで
  6. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (前編)-
  7. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  8. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!
  9. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  10. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP