[スポンサーリンク]

会告

上村大輔教授追悼記念講演会

[スポンサーリンク]

天然物化学の発展に尽くされた上村大輔先生(名古屋大学名誉教授・神奈川大学特別招聘教授)は2021年4月13日に75歳で逝去されました。この度、先生の逝去から一年という節目を迎えるにあたり、先生の多年にわたるご業績を讃えるとともにその足跡と遺徳を偲ぶことを目的として、先生に関係の深い方々や研究室出身者による学術記念講演会を開催いたします。
皆様の多数のご参加をお待ちしております。

上村大輔教授追悼記念事業会 発起人一同

個人的にも大変お世話になり、常にエンカレッジしてくれた上村先生が逝去されてから1年。追悼記念講演会が名古屋で行われます。ハイブリッド形式ですので、現地に訪問できない方もぜひご参加いだだければと思います。筆者は、もとより他のシンポジウムが重なっており、参加できず大変申し訳なく思いましたので、この講演会企画を微力ながら全力で応援させていただきたいと思います。

参加申込はこちら(Gooleフォーム・4月15日締切)

上村大輔教授追悼記念講演会 開催概要​

講演などの詳細は、上村大輔教授追悼記念講演会ホームページを御覧ください。

日時  2022年4月23日 (土) 13時〜17時15分

会場  名古屋大学 理学南館 坂田・平田記念ホール(対面・オンライン併催予定)

主催  上村大輔教授追悼記念事業会

共催  名古屋大学大学院理学研究科

後援  公益社団法人日本化学会・Chem-Station

講演予定者(五十音順、敬称略)

有本博一 (東北大)、井本正哉 (順天堂大)、上田実 (東北大)、大野修 (工学院大)

河岸洋和 (静岡大)、倉本誠 (愛媛大)、照屋俊明 (琉球大)、長瀬博 (筑波大)

早川一郎 (日本大)、森達哉 (住友化学)

参加費 無料(懇親会費は別途)

懇親会 同日17:30〜19:30、同会場ホールにて(会費5,000円、現金で当日支払い)。

同日17:30〜18:30、飲食を伴わない懇談会形式で行います。

※オンラインへの中継も行います。

※飲食を伴わない形式で開催する場合には、会費は徴収しません。

参加申込締切  2022年4月15日 (金)

参加申込はこちら(Gooleフォーム)

お問い合わせ

    上村大輔教授追悼記念事業会 事務局 北将樹

〒464-8601 名古屋市千種区不老町

名古屋大学 大学院生命農学研究科 天然物ケミカルバイオロジー研究室内

Tel/Fax: 052-789-4284

E-mail: memorial0423@gmail.com

関連リンク

ITbMからの哀悼のことば

写真

最後に、ケムステ代表が所有している上村先生のお元気な姿が写っている写真をシェアさせていただきます(なんだか亡くなられた方も多くて寂しくなりました)。

This slideshow requires JavaScript.

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級…
  2. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  3. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  4. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について
  5. Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts…
  6. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった
  7. 【10月開催】第2回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機…
  8. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ストックホルム市庁舎
  2. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  3. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  4. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  5. 第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授
  6. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  7. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜
  8. ニコラス-ターナー Nicholas Turner
  9. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  10. 多環式骨格を華麗に構築!(–)-Zygadenineの不斉全合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP