[スポンサーリンク]


C-H activation

  1. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

    gem-ジアルキル基をもつハロゲン化アリールからのシクロプロパン合成法が開発された。パラジウム触媒、塩基としてピバル酸カリウムを作用させるだけで、二つの分子内C–H結合活性化が進行する。C–H活性化によるシクロプロパン合成シクロプロ…

  2. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  3. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  4. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化

    アジド基は、アミンやイミン、アミド、含窒素複素環といった様々な官能基や骨格に変換…

  5. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium

    昨年11月、インフルエンザで急逝されたKeith Fagnou教授(University of Ot…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  2. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~
  3. CRISPR(クリスパー)
  4. ペタシス反応 Petasis Reaction
  5. 研究室クラウド設立のススメ(導入編)
  6. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2022卒)
  7. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

注目情報

最新記事

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?

化学実験の際に一般的に着用されるニトリル製手袋は、有機溶媒を貫通させます。そのため、手袋を着用した手…

「化学と工業」読み放題になったの知ってますか?+特別キャンペーン

日本化学会会員の皆様に朗報です。会員が毎月届けられる「化学と工業」誌。じっくり読む人、パラパ…

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

PAGE TOP