[スポンサーリンク]


CNF

  1. セルロースナノファイバーの真価

    お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみの開催>募集人員25名  先着順にて承ります。開催場所かながわサイエンスパーク内 講義室  (川崎市高津区坂戸3-2-1)…

  2. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

    セルロースナノファイバー(CNF)は木材などに含まれる植物繊維をナノサイズまでほぐすことで得られるナ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学者の単語登録テクニック
  2. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  3. フランク・グローリアス Frank Glorius
  4. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  5. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  6. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  7. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP