[スポンサーリンク]

archives

日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い

 

さて、日本化学会の「化学と工業」をくまなくみている方は、ご存知かもしれませんが、今年の日本化学会年会(名古屋)の二日目に

Chem-Sationイブニングミキサー

という名前で、交流会を行うことが決定しました!対象は若いと思っている人、当日飛び入り参加も可能!、参加料は無料!(飲み物代のみ)。この会独自の付設展示会も行います!

日時:2014年3月28日(金)18:00?19:30

場所:名古屋大学南部厚生会館1F Mei-Daining (2Fから変更いたしました)

対象:学生、博士研究員中心の若手研究者、外国人参加者も大歓迎!

参加方法:参加登録をお願いします(参加登録はこちら。要Facebookアカウント)。当日参加もご歓迎!

参加料:無料(チャージ代1ドリンク 100円)

どのようなことを目的にしているのですか?

若手研究者のための交流会です。

以前、代表が玉尾会長、渡邉日本化学会実行委員長との対談で、玉尾会長から「若い人や海外の研究者が知り合う場をつくってほしい」という提案がありました。日本化学会の懇親会は”大人の”会であることから、なかなか学生や若手研究者が参加することができません。そのため、同時間で若い研究者のために交流できるような場をつくることを目的としています。

 

参加資格は? 

特に制限はありません!敢えて言いますと、日本化学会の懇親会と同時間に行うため、懇親館に参加の方は参加することができません。それ以外の方はどなたでも問題ありません。幅広い世代の方に参加していただければと思います。

 

 場所は?

冒頭に記載したとおり、名古屋大学内の南部厚生会館1FのMei-Dainingです。ポスター会場のすぐ近くで、お昼ごはんを食べる人も多いと思います。400人程度が収容可能な名古屋大学で最も大きな会場の一つとなります。

2014-03-17_02-16-43.png

 

どんなことをやるの?

基本的には交流を深めてもらうことを目的にしているため、プログラムは用意していません。

会場には飲み物と、150人から200人分ほどの立食型式の食べ物を用意しています(食べ物代は無料です)。

入り口で、チャージ代(1ドリンク100円)を払って頂いて、会場に入り、開始の挨拶と同時に、食べるのもよし、周りの人と交流するのもよし、なんでもありです。もちろん仲間ができたら5分で外に飲みに行っても構いません。むしろそれを促進する会だと思ってください。会場には数社のこのミキサー専用の付設展示会も用意しています

現在予定の付設展示会:シグマアルドリッチ・ジャパン、シュプリンガー・ジャパン化学情報協会アントンパール・ジャパン東京化成工業パーキンエルマージャパンエルゼビア・ジャパン和光純薬

 

どうやって参加すればいいの?

冒頭に記載したとおり、参加は当日からでも可能です。ただ、できるだけ参加登録をお願いします(食事と飲み物の見積のため)。参加登録にはFacebookアカウントが必要です。

参加登録はこちら

1. 参加登録ページに移動する

2. 図のここをクリック!と書いてあるところをクリックする。

2014-03-17_02-00-41.png

それだけです。参加するかも?という人は未定をクリックしてください。友人等に紹介していただけると幸いです。大学教員の皆様はぜひ学生や海外から来ている研究者の方も誘ってご参加ください

参加登録はなぜ必要なの?

食べ物とケムステノベルティグッズと印刷物の用意のためです。できるだけ事前に参加人数の目安が知っていたほうが、臨機応変に対応できるからです。出来る限りお願い致します

 

参加するメリットは?

1. 会場から最も近い、懇親会会場

2. 知らない多分野、同年代の研究者と仲良くなれる

3. 無料で腹ごしらえができる、安くすぐに飲める。

4. ケムステノベルティグッズがもらえる(クリアファイルとボールペンを用意します。先着順。)

5. 特設の付設展示会に参加できる

と学生に優しいスタイルとなっています。

 

協賛

本会を開催にあたりまして、以下の学会、企業様にサポートいただいています。この場をお借りいたしまして感謝申し上げます。

日本化学会

シグマアルドリッチ・ジャパン

シュプリンガー・ジャパン

化学情報協会

アントンパール・ジャパン

東京化成工業

パーキンエルマージャパン

バイオタージジャパン

以上、今回はじめて企画したケムステイブニングミキサー。現代化学にもこの新しい試みの記事を執筆予定(6月号)です。また、日本化学会「化学と工業」誌ににも本誌に関連した記事を執筆する予定です。

誰でも参加可能ですのでぜひ参加してみてください!

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  2. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  3. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  4. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  5. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  6. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  7. Chemistry Reference Resolverをさらに…
  8. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  2. ケムステ記事ランキングまとめ
  3. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  4. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  5. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  6. 下村 脩 Osamu Shimomura
  7. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  8. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  9. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  10. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP