[スポンサーリンク]


Michaelis

  1. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction

    概要亜リン酸エステル(ホスファイト)にハロゲン化アルキルを作用させ、五価のリン酸エステル(ホスフェート)を合成する反応。エステル残基がハロゲン化アルキルのアルキル基と同じである場合、触媒量の使用で済む。リン酸誘導体合成の…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  2. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  3. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  4. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  5. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  6. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  7. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP