[スポンサーリンク]

化学地球儀

東京大学理学部 化学教室

[スポンサーリンク]

(引用: 進学・入学案内、文献[1])

東京大学理学部・化学教室は、東京都文京区の中心地、東京大学本郷キャンパスに位置しています。趣にあふれる赤レンガ造りの建物は、創立以来150年の歴史を感じさせる重厚さと、キャンパス景観の調和を兼ね備えたものです。

  • 概要

化学教室の歴史は,徳川幕府が創設した蕃書調所の精煉方(1861年)までさかのぼります。東京大学創立の年(1877年)に早くも卒業生3名を出した唯一の学科でした。それ以来、本教室は我が国の化学発祥の地、および先導役として学界、産業界、教育界に多くの人材を輩出してきました。例えば我が国の多くの主要な大学の化学科は、当初ほとんど本学科の出身者により創立されたものです。このような伝統は後進に良く引き継がれ現在に至っています。 本化学科は、物理化学、有機化学、無機・分析化学の基幹3講座、12研究室から成り立っており、広い分野の礎となる理学としての基礎化学研究・教育をカバーする多様な専門を有する教官を擁し、理学部の広範な自然科学研究教育の一翼を担っています。 (引用: 進学・入学案内)

  • マップ

より大きな地図で 東京大学理学部 化学館 を表示

チェックイン
fb.jpg4sq.jpg

  • アルバム

  • 関連動画

  • 参考文献

[1] Sato, K. “The One Hundred and Fifty Year History of the Department of Chemistry, The University of Tokyo” Chem. Asian. J. 2011, 6, 1653. DOI: 10.1002/asia.201100264

 

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク

東京大学大学院 理学部化学科
東京大学大学院理学系研究科・理学部 – Wikipedia
東京大学 理学部化学科 進学・入学案

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 大塚国際美術館
  2. 日本科学未来館
  3. 金沢ふるさと偉人館
  4. 合同資源上瀑工場
  5. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  6. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街
  7. 化学遺産財団
  8. メンデレーエフスカヤ駅

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新薬と併用、高い効果
  2. 抗生物質の話
  3. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  4. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  5. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  6. 信じられない!驚愕の天然物たち
  7. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  8. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  9. ペイン転位 Payne Rearrangement
  10. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP