[スポンサーリンク]

一般的な話題

東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました

先日筆者の娘が学校からチラシをもらってきまして、丁度都合も良かったので2017年6月10, 11日に開催された「東京理科大学サイエンスフェア学生企画 みらい研究室〜科学へのトビラ〜」に参加してきました。

化学のブースもありましたので、子ども目線(?)でレポしたいと思います。スタッフ学生の皆さんに写真をblogにあげてもいいですかとか、主催は誰なのとか根掘り葉掘り聞き出そうとする怪しいおっさんは私でした(すみません)。

このイベントはうちの代表の出身でもある東京理科大学が主催となっているようで、2014年から開催されているみらい研究室と銘打たれた企画です。今年は初めて川崎駅すぐそばの東芝科学未来館が会場でした。こじんまりしていますがほどよい会場ではないでしょうか(東芝さん売らないで下さい)。実は今までこのような企画が行われているということを知りませんでしたが、筆者は神奈川県在住でして、その関係で学校にチラシが来て初めて知った次第です。

主に小中学生を対象に、科学の面白さを知ってもらうべく、学生さんが中心となって運営をしているようです。実際、教職員らしき方は全くと言っていいほど見かけませんでした。大学の痕跡としては入り口近辺に大学案内などがひっそりと置いてある程度。小さなロゴはたまに見かけるぐらいで、大学自体のアピールの場という感じはしませんでした。純粋に科学、理科の魅力を伝えるという姿勢に清々しさを感じました。

さて、レポに移ります。初日の朝一の時間帯にも関わらず、既に凄い数の家族連れでごった返していました。子連れで行ったので(おっさん一人では不審)、子ども主導で回りましたが、最初に選んだのが化石のレプリカ作り・・・化学じゃないのかよと内心思うも、口には出しません。次も、その次も化学には行かず、算数に行ったり、天文に行ったりです。

なぜかというと、化学関係だけフロアーが違うんですね。子どもはぱっと見で面白そうなものに惹かれてしまうので、パンフレットに字が書いてあってもなかなかそこには興味を示してくれませんでした。

そうこうしているうちに下の子の空腹が限界に。あえなく昼食で中断です。午後はどーする?と振ると、もう十分とのこと・・・娘よそれでは記事にならんぞということで、君たちは見るだけでいいから父に見せてくれとお願いして渋々ながら会場へ、そこは東芝科学未来館のメインの展示があるフロアーで、そこを突っ切る必要が。子どもはそちらに後ろ髪引かれるもそそくさとお目当の化学関係のブースに到着。するとすかさず、これやりたいと娘。やはり見せればやりたくなるもんだよなと狙い通りです。

保護者の方がノリノリの場面もしばしばです

ネタバレになるので詳細は書きませんが、まずは酸化還元反応を利用した色の変化を体験。化学反応は全く分からないけど、色が戻ったりとなんだか面白い感触。続いて粉体をビニールに入れて水を入れるとあら不思議。握り方によって感触が変わる不思議な物体ができあがります。結局他にも色々回って、子どもたちはすっかり満喫してしまいました。

メッキってなに?という娘の突撃にもわかりやすく答えてくれました

筆者が感心、いいなと思ったのがメッキの実験です。なるほど簡単にうまいことメッキの実演ができていました。ちゃんとゴーグルや手袋も用意してあり、この辺は最近の安全第一流れにきちんと添えており、安心して子どもに体験させることができました。ひょっとして物質を使う実験だから会場が遠ざけられてたとかですかね?なんか某イベントでそんな体験をしたことがあるのを思い出しました。

お世辞にも上手くありませんがしっかりと図案ができていて大喜びです

総じてほとんどが体験型のブースで、子ども向けによく考えられた内容が数多く設けられていました。化学に限らず理系の総合的な内容で理系キッズを育ててくれそうな大変素晴らしいイベントでした。以前ケムステも出店していたサイエンスアゴラに比べると先端的なものの紹介ではなく、子ども向けに振り切っている内容です。小中学生向けとはなっていますが、主に小学生ですかね。

 

ここからはぶっちゃけ話なんですけど、筆者が学生の時代は理科大生、特に化学研究部と言えばもっとねえ、失礼ながらあのそのもう少し陰性の方が多かったようなイメージなんですが(勝手なイメージですいません)、今回お世話になった方々は皆さん爽やかで、好感が持てる方ばかりでした。隔世の感がありますねえ

今のところ年に2回開催されているようなので子育て世代の方は是非次回足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして気になる、娘が化学に興味がでたかを確認のため、何が一番面白そうか聞いた結果は・・・天文だそうで・・・さすが空気を読まない娘でしたとさ

マップ

 

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

マップ上部の白い四角の部分をクリックしても大きな化学地球儀が表示されます。

化学に関連した展示も少々あります

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!
  2. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  3. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大…
  4. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  5. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  7. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  8. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生合成を模倣した有機合成
  2. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  3. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution
  4. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  5. ちょっとした悩み
  6. ジアゾメタン diazomethane
  7. プラスマイナスエーテル!?
  8. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  9. Letters to a Young Chemist
  10. 新しい選択的ヨウ素化試薬

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP