[スポンサーリンク]


2005年 7月 23日

  1. 第35回構造有機化学討論会

    第35回構造有機化学討論会主催:第35回構造有機化学討論会実行委員会共催:日本化学会日時:2005年9月9~10日場所:大阪市立大学 全学共通教育棟内容: 新海征治 (九州大学大学院工学研究院)"Serendipity" が"Re…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wilhelm Huck教授
  2. 科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表
  3. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  4. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  5. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  6. ラジカルの安定性を越えろ! ジルコノセン/可視光レドックス触媒を利用したエポキシドの開環反応
  7. 天秤で量れるのは何mgまで?

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

PAGE TOP