[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第35回構造有機化学討論会

第35回構造有機化学討論会


主催:第35回構造有機化学討論会実行委員会


共催:日本化学会


日時:2005年9月9~10日


場所:大阪市立大学 全学共通教育棟


内容: 新海征治 (九州大学大学院工学研究院)
“Serendipity”“Reality”に変るとき 


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  2. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  3. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  4. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  5. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  6. 日本化学会第86春季年会(2006)
  7. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  8. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  2. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  3. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  4. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  5. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  6. 深海の美しい怪物、魚竜
  7. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  8. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」
  9. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  10. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP