[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第35回構造有機化学討論会

第35回構造有機化学討論会


主催:第35回構造有機化学討論会実行委員会


共催:日本化学会


日時:2005年9月9~10日


場所:大阪市立大学 全学共通教育棟


内容: 新海征治 (九州大学大学院工学研究院)
“Serendipity”“Reality”に変るとき 


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  2. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  3. 化学は切手と縁が深い
  4. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  5. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  6. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ
  7. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  8. 秋の褒章2009 -化学-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  2. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  3. 揮発した有機化合物はどこへ?
  4. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  5. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  6. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  7. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  8. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  9. ジアゾメタン diazomethane
  10. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP