[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第35回構造有機化学討論会

[スポンサーリンク]

第35回構造有機化学討論会


主催:第35回構造有機化学討論会実行委員会


共催:日本化学会


日時:2005年9月9~10日


場所:大阪市立大学 全学共通教育棟


内容: 新海征治 (九州大学大学院工学研究院)
“Serendipity”“Reality”に変るとき 


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  2. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  3. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレ…
  4. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  5. 地位確認求め労働審判
  6. 5年で57億円かかるエルゼビアの論文閲覧システムの契約交渉で大学…
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  8. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  2. 計算化学:DFTって何? PartIII
  3. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  4. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  5. リンダウ会議に行ってきた②
  6. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  7. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  8. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  9. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  10. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP