[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?

合成化学系の先生方はご存知の人が多いと思いますが、名前から何となく分かる通り、真空ポンプの会社です。オイルポンプは扱っておらずダイヤフラムポンプ専門です。

日本代理店はとーっても小さな会社なのですが、なぜそこそこ有名かというと、よく引いて、壊れにくい真空ポンプだから。

バキューブランドのダイヤフラムポンプ例

 

大学院生のときは研究室はエバポレーターの真空ポンプとしてバキューブランドのポンプを使用しており、壊れたことはありませんでした。バキューブランドの社長が時々現れて、メンテナンスをしてくれたのをよく覚えています。

それから、大学教員になり、独立もしたのですが、残念ながらバキューブランドのポンプには縁がありません。なぜなら、結構良い値段がするからです。「高かろう、良かろう」です。他のポンプに比べて、高速で高い真空度に達し、ダイヤフラムポンプでこんなに引けるんだぐらい減圧度が高いです。お金のある研究室はぜひそこにある、ダイヤフラムポンプをこの会社に変えることをオススメします。

と、褒めちぎったところで、今回紹介するのはポンプではありません。ポンプの減圧度を測るマノメーター(真空計)です。

もう流石にいませんよね?水銀マノメーター

マノメータといえば、水銀マノメーター。

「コックを閉じないで減圧をとくと、割れる」「コックをゆっくりあけなければならない。」そんな話をしても分かる人はどのくらいいるでしょうか。さすがに現在コレをつかっているところはそんなに多くないですよね。近々水銀廃棄物処理が相当厳しくなるという話がうわさで流れており、そろそろ姿を完全に消す日も近いと思います。

液柱型(左)とマクラウド型(右)真空計(出典:岡野製作所)

 

デジタルマノメーター

そのような背景にて、世の中は(いまさらですが)デジタルマノメーターが主流です。

どのくらいの減圧度を測定したいかによりけりですが、安いものならば1万円〜2万円ぐらいで購入可能です。学部の学生実験で学ぶ減圧蒸留レベルならばこれで十分です。合成化学の研究室ならば、より高い減圧度を測定でき、耐薬品性に優れたちゃんとしたものが欲しいところです。

そういう我が研究室には恥ずかしながらなんとマノメーターがありませんでした。隣の研究室から毎回借りていたんですね。さすがにそろそろ購入しようと思い、いくつか調べていた次第です。

私はバキューブランドのピラニー式マノメーター(下記のもの)をずっと使ってましたので、それを購入しようと思いました。価格を聞くと定価30万円。割引を考慮してもちょっとお高めです。というかデザインも大学院生のときとほとんど変わっておらず正直かっこ悪い。というわけでいくつか探していた所、バキューブランドの新しいデジタルマノメーターを紹介されました。

ピラニー式真空計(出典:バキューブランド)

 

デジタルマノメーターVACUU・VIEW (extended)

見た目は以下の通り。比較的カッコよくないですか?美的センスは人それぞれとしても、見た目がいいものに弱い私は、デモしてみたくなりました。

このバキューブランドの新しいデジタルマノメーターは「VACUU・VIEW」と「VACUU・VIEW extended」の2種類、前者は廉価版で、後者はピラニー式の高性能マノメーターです。基本的な機能は上記のものと同様ですが、真空計が中に内蔵されており、コンパクトです。

実際、マニフォールドにつけて使ってみました。なかなかよろしい。機能と見た目と価格(割引済)で即決しました。

ちなみに某研究室ではすべてのマニフォールドに直結させ常時接続して減圧度をチェックしているとのこと(下図)。いやいやそこまではできませんが苦笑。

バキューブランドの担当者に聞いてみると、今年度も幾つかの場所でポンプも含めて付設展示会に展示するとのこと。興味があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。「ケムステでみたあれ。」というとスムーズですよ。私のようにデモをしてみるのもおすすめです。以下展示会出展情報とお問い合わせ先です。

展示会出店情報

お問い合わせ

バキューブランド サイエンティフィック ジャパン

東京営業所:〒136-0071 東京都 江東区 亀戸 4-30-8

TEL:03-5836-6217 FAX: 03-5836-6218  E-mail: info-vac@vacuubrand.co.jp

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  2. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  3. 未来のノーベル化学賞候補者
  4. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  5. 天才児の見つけ方・育て方
  6. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  7. 恋する創薬研究室
  8. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  2. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  3. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  4. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  5. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  6. カリックスアレーン /calixarene
  7. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  8. 2015年化学10大ニュース
  9. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  10. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP