[スポンサーリンク]


2007年 11月 16日

  1. 大村 智 Satoshi Omura

    大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日- )は、日本の天然物化学者、有機化学者である(写真:Professor Satoshi Omura) 。北里大学特別栄誉教授 (写真: Respect Life)。「寄生虫感染症に有効な医薬…

  2. フラーレン /Fullerene

    フラーレン(Fullerene)はグラファイト(黒鉛)・ダイヤモンドに次ぐ第三の…

  3. カリオフィレン /caryophyllene

    カリオフィレン(caryophyllene)は、チョウジ(Syzygium arom…

  4. リベロマイシンA /Reveromycin A

     リベロマイシンA (reveromycin A)は、放線菌Streptomyces sp. SN…

  5. フィル・バラン Phil S. Baran

    フィル・S・バラン(Phil.S.Baran、1977年8月10日-)は、アメリカの有機化学者で…

  6. 入江 正浩 Masahiro Irie

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 構造生物学
  2. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  3. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  4. ボールミルを用いた、溶媒を使わないペースト状 Grignard 試薬の合成
  5. ポンコツ博士の海外奮闘録⑪ 〜博士,データをとる〜
  6. 孫悟飯のお仕事は?
  7. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP