[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マット・ショアーズ Matthew P. Shores

マシュー・P・ショアーズ(Matthew P. Shores、19xx年x月x日-)は、アメリカの無機化学者である。 コロラド州立大学 准教授。(引用:Colorado State University)

経歴

1997 グスタフ・アドルフカレッジ 卒業
2002 カリフォルニア大学バークレー校 博士号取得 (Jeffrey R. Long教授)
2002-2005 マサチューセッツ工科大学 博士研究員(Daniel G. Nocera教授)
2008-201x コロラド州立大学 助教授
2014-現在 コロラド州立大学 准教授

研究概要

化学センシング、電磁気材料、太陽光エネルギー変換に活用可能な分子錯体研究

主に第一列遷移金属錯体のスピン特性、光特性に関わる錯体化学研究を行っている。例えばクロムポリピリジル錯体の機能解析[1]と有機合成への応用[2]などはその一例。

関連文献

  1. McDaniel, A. M.; Tseng, H. –W.; Damrauer, N. H.; Shores, M. P. Inorg. Chem. 2010, 49, 7981. DOI: 10.1021/ic1009972
  2. (a) Stevenson, S. M.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 6506. DOI: 10.1002/anie.201501220 (b) Higgins, R. F.; Fatur, S. M.; Shepard, S. G.; Stevenson, S. M.; Boston, D. J.; Ferreira, E. M.; Damrauer, N. H.; Rappé, A. K.; Shores, M. P. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 5451. DOI: 10.1021/jacs.6b02723 (c) Stevenson, S. M.; Higgins, R. F.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Chem. Sci. 2017, 8, 654. DOI: 10.1039/C6SC03303B

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  2. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  3. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  4. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  5. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  6. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  7. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  8. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  2. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  3. 二酸化炭素をはきだして♪
  4. ノーベル賞化学者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」応募開始
  5. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis
  6. ステッター反応 Stetter reaction
  7. カフェイン caffeine
  8. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  9. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  10. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP