[スポンサーリンク]

ケムステしごと

乙卯研究所 研究員募集

[スポンサーリンク]

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。

自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究をやってみませんか?

有機化学といっても範囲が広いのですが、医学・薬学などに資する研究であれば特に指定はしていません。裁量労働制で、全ての時間を自分の研究に打ち込めます。有機合成設備は他の研究所に引けは取りません。研究に困ったときには現職教授からアドバイスがもらえます。見学も歓迎します。

乙卯研究所 所長 大谷 光昭

求人内容

求人内容
Content of job information
[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)] 当研究所は薬学の進歩発展に資するために必要な研究を実施し、その研究業績の発表を通じ、薬学分野における国際的、学術的研究の振興を目指して設立された公益財団法人であり、その主な事業は次の3つである。
(1)基礎有機化学を中心とする薬学の研究
(2)薬学の研究者に対する指導育成
(3)研究業績の発表
研究員は、当研究所アドバイザリーボードとの議論を通じて、独創的な研究の推進を図ると同時に、自らの研究遂行力を高めることができる。将来、公的機関や企業において、最先端研究を牽引できるリーダーの育成を当法人は目指している。
[仕事内容(業務内容、担当科目、研究分野の詳細等)] 有機化学分野の基礎研究を行い、学会、学術雑誌等に研究成果を発表する。研究テーマは基本的には当人の発案によるものとするが、適宜、アドバイザリーボードと討論しながら研究を進める。
[勤務地住所(住所の詳細、最寄り駅等)] 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232
最寄駅は東急田園都市線、東急大井町線溝の口駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅より徒歩15分、直通シャトルバス利用の場合5分
[募集人員(人数、職名等)] 研究員 若干名
[着任時期(着任日、採用日等)] 2022年4月1日(金)(応相談)
研究分野 1.(大分類)  医歯薬学         (小分類) 化学系薬学
Research field 2.(大分類)  化学            (小分類) 有機化学
3.(大分類)  化学            (小分類) 複合化学
職種
Job type
研究員・ポスドク相当
勤務形態
Employment status
最長5年(1年更新)+C2:C11
勤務地
Work location
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク内
応募資格
Qualifications
大学院修士課程卒以上の博士号取得者、あるいはそれに相当する者。
待遇
Compensation
給与:年報制 360~500万円(能力、実績に応じて年1回の昇給可)。住宅手当(24万円/年)。通勤手当支給。社会保険適用。

勤務時間:専門業務型裁量労働制(みなし労働1日8時間)を適用。
休日は土日、祝日、年末年始、夏季3日、その他等研究所が必要と認めた日。 有給休暇有(当法人の規程による)。
雇用期間:1年間。最長5年まで更新可。

募集期間
Application period
2022年1月4日(火)必着
応募・選考・結果通知・連絡先
Application/selection/notification of result/contact details
[応募方法(提出書類、提出方法、書類の返却、書類送付先等)] 以下の4点の書類を提出して下さい。
1. 履歴書(写真貼付、Eメールアドレス記載のこと)
2.当財団で行う予定の研究内容の概要(A4で3ぺージ程度。図表等の併用が望ましい)
3.研究業績、主要論文別刷り等
4.現職所属長あるいは現指導教授の推薦書(現職所属長等の推薦が困難な場合は、第3者による推薦書も受け付ける。その場合は、推薦者の氏名、所属、連絡先を記載のこと)書類送付先:〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232 (公財)乙卯研究所 事務局 中込まどか 宛 「応募書類在中」と朱記して簡易書留にて送付のこと。なお、応募書類は採用審査にのみ用います。返却は致しません。
[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法] ・1次選考:書類選考のうえ、1次合格者には1月14日(金)までに連絡します。
・2次選考:1次選考合格者には、プレゼン(研究実績20分、今後取り組みたいテーマ15分)と質疑応答(30分)を2022年1月26日(水)に 当研究所にて行っていただき審査いたします。結果は2月3日(木)までに連絡いたします。
[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)] ※重要
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク R&D棟 C1232 (公財)乙卯研究所 事務局 中込まどか
電話:044-819-4044 Eメール: secretariat@itsuu.or.jp
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  2. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  3. リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!
  4. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  5. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレ…
  6. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  7. 島津製作所がケムステVシンポに協賛しました
  8. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  2. コープ転位 Cope Rearrangement
  3. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする
  4. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ
  5. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  6. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  7. ディスコデルモライド /Discodermolide
  8. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination
  9. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  10. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい – 高橋 雅英 教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP