[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

大村 智 Satoshi Omura

大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日- )は、日本の天然物化学者、有機化学者である(写真:Professor Satoshi Omura) 。北里大学特別栄誉教授 (写真: Respect Life)。「寄生虫感染症に有効な医薬の開発」の業績にて2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞した。

経歴

1935年7月12日、山梨県韮崎市に生まれる。

1958 山梨大学 学芸学部 卒業
1963 東京理科大学大学院 理学研究科 修士課程修了
1963 山梨大学 助手
1965 北里研究所 入所
1968 薬学博士(東京大学)
1968 北里大学 薬学部 助教授
1970 理学博士(東京理科大学)
1975-1984 北里大学 薬学部 教授
1990-2008 北里研究所 所長
2001-2003 北里大学 生命科学研究所 所長
2002-2007 北里大学大学院感染制御科学府 教授
2005 米国ウェスリアン大学 Max Tishler Professor
2007 北里大学 名誉教授
2008-2012 北里研究所 名誉理事長
2012 北里研究所 顧問

 

受賞歴

1985 ヘキストルセル賞(米国微生物学会)
1986 日本薬学会賞
1989 上原賞
1990 日本学士院賞
1991 チャールズ・トム賞(米国工業微生物学会)
1992 紫綬褒章
1995 藤原賞
1995 米国工業微生物学会功績賞
1995 日本放線菌学会特別功績功労賞
1997 ロベルト・コッホ ゴールドメダル(独国)
1998 プリンス・マヒドン賞(タイ国)
2000 ナカニシ プライズ(ACS-CSJ)
2000 野口賞
2005 アーネスト・ガンサー賞(米国化学会)
2006 アムジェン賞(米国工業微生物学会)
2007 ハマオ・ウメザワ記念賞(国際化学療法学会)
2008 レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ章)
2010 Tetrahedron Prize
2011 アリマ賞(国際微生物連合)
2011 瑞宝重光章
2012 文化功労者
2014 ガードナー国際保険賞
2015 朝日賞

2015 ノーベル医学・生理学賞

 

研究

500以上の生物活性天然物の単離構造決定に成功しています。中でも河川盲目症と呼ばれる熱帯病の特効薬イベルメクチン(Ivermectin)のオリジナルである、エバーメクチン(Avermectin)の発見は顕著な業績の一つです。

 

ivermectin.gif

名言集

  1. 「細菌学者のパストゥールは『幸運は準備された心を好む』と語っています。何事にも謙虚に努力し、道を切り拓いていきたいですね」
  2. 「私の仕事は微生物の力を借りているだけ。私が賞をもらっていいものか」(ノーベル賞受賞記者会見より)
  3. 「成功した人は失敗を言わない。成功した人は人より何倍も失敗していると思う。失敗してもいいからやってみようと。1回2回失敗したからってどうってことない、若いうちは」
  4. 「資金がないから研究ができないというのは言い訳」「研究で世の中に貢献すれば、必ずまた研究費は入ってくる」

 

コメント&その他

  1. 芸術に造詣が深いことで知られています。近年では女子美術大学・理事、山梨県立美術館協議会議員も務めています。
  2. 産学連携で250億円以上もの特許ロイヤリティ収益を北里研究所に還流させた。
  3. 2億円の私費を投じて韮崎大村美術館を設立し、1500点余のコレクションを寄贈しました。
  4. 山梨県の科学技術の振興を目指し、山梨科学アカデミーを創設し会長を務めている。

 

関連文献

  1. “Avermectins, new family of potent anthelmintic agents: producing organisms and fermentation.” Burg, R. W.; Miller, B. M.; Baker, E. E.; Birnbaum, J.; Currie, S. A.; Hartman, R.; Kong, Y. L.; Monaghan, R. L.; Olson, G.; Putter, I.; Tunac, J. B.; Wallick, H.; Stapley, E. O.; Oiwa, R.; Ōmura S. Antimicrob. Agents Chemother. 15 (3), 361. DOI: 10.1128/AAC.15.3.361
  2. “Microbial metabolites: 45 years of wandering, wondering and discovering” Omura, S. Tetrahedron 2011, 67, 6420. doi:10.1016/j.tet.2011.03.117

関連動画

 

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya
  2. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  3. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz…
  4. まんがサイエンス
  5. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  6. 液クロ虎の巻シリーズ
  7. 森田浩介 Kosuke Morita
  8. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction
  2. 触媒なの? ?自殺する酵素?
  3. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  4. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  5. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  6. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  8. シアノスター Cyanostar
  9. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  10. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP