[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

リベロマイシンA /Reveromycin A

reveromycinA.jpg

 リベロマイシンA (reveromycin A)は、放線菌Streptomyces sp. SN-593株から単離されたポリケチド化合物。抗癌活性及び抗骨粗鬆症作用を示す化合物として現在注目を集めている。

  • 歴史・用途

 理化学研究所主任研究員・長田裕之らのグループによって単離されました。もともと癌細胞の増殖抑制活性のある、新規構造の天然物として報告されていました。2006年同じく長田らによって、リベロマイシンAは破骨細胞を選んで細胞死させ、抗骨粗鬆症作用を示すことが突き止められました[1]。ビボ(in vivo)でも効果があるそうです。

 構造的特徴として、スピロケタール部位、多くの不斉炭素中心、トリカルボン酸を有しています。合成化学的にも興味深い化合物とされ、実際、多くの有機合成化学者により化学合成が報告されています。初の全合成は当時理研の中田忠主任研究員らにより達成[2]されています。

 

  • 関連文献
[1] Osada, H. et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2006, 103, 4729. DOI:10.1073/pnas.0505663103
[2] Shimizu, T.; Masuda, T.; Hiramoto, K.; Nakata, T. Org. Lett. 2000, 2, 2153. DOI: 10.1021/ol0060634

  • 関連書籍
  • 関連リンク

長田抗生物質研究室(理研)

骨粗鬆症の骨の破壊をとめる新たな治療法を確立 (理研プレスリリース)

がんの増殖を抑え、破骨細胞をころすリベロマイシンA (理研パテント情報)

東京理科大学 中田研究室

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  2. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  3. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  4. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  5. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohe…
  6. アデノシン /adenosine
  7. 白リン / white phosphorus
  8. ボンビコール /bombykol

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  2. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  3. 人と人との「結合」を「活性化」する
  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  5. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  6. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  7. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  8. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)
  10. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP