[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

リベロマイシンA /Reveromycin A

reveromycinA.jpg

 リベロマイシンA (reveromycin A)は、放線菌Streptomyces sp. SN-593株から単離されたポリケチド化合物。抗癌活性及び抗骨粗鬆症作用を示す化合物として現在注目を集めている。

  • 歴史・用途

 理化学研究所主任研究員・長田裕之らのグループによって単離されました。もともと癌細胞の増殖抑制活性のある、新規構造の天然物として報告されていました。2006年同じく長田らによって、リベロマイシンAは破骨細胞を選んで細胞死させ、抗骨粗鬆症作用を示すことが突き止められました[1]。ビボ(in vivo)でも効果があるそうです。

 構造的特徴として、スピロケタール部位、多くの不斉炭素中心、トリカルボン酸を有しています。合成化学的にも興味深い化合物とされ、実際、多くの有機合成化学者により化学合成が報告されています。初の全合成は当時理研の中田忠主任研究員らにより達成[2]されています。

 

  • 関連文献
[1] Osada, H. et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2006, 103, 4729. DOI:10.1073/pnas.0505663103
[2] Shimizu, T.; Masuda, T.; Hiramoto, K.; Nakata, T. Org. Lett. 2000, 2, 2153. DOI: 10.1021/ol0060634

  • 関連書籍
  • 関連リンク

長田抗生物質研究室(理研)

骨粗鬆症の骨の破壊をとめる新たな治療法を確立 (理研プレスリリース)

がんの増殖を抑え、破骨細胞をころすリベロマイシンA (理研パテント情報)

東京理科大学 中田研究室

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ギンコライド ginkgolide
  2. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  3. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  4. アスタキサンチン (astaxanthin)
  5. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  6. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  8. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  2. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  3. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  4. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  5. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  6. メラトニン (melatonin)
  7. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  8. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  9. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  10. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP