[スポンサーリンク]


2009年 11月 02日

  1. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成

    先日、Vy M. Dong 助教授(カナダ・トロント大学)の講演を聴いてきました。彼女は見ての通り、まだまだ若い駆け出しの女性研究者です。 (さらに…)…

  2. ニュースタッフ追加

    当サイトChem-Stationに新たに4人のスタッフが参加致しました。皆様現役化学者および化学…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  2. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  5. ジョン・スティル John K. Stille
  6. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  7. 創薬化学―有機合成からのアプローチ

注目情報

最新記事

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP