[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

研究室の大掃除マニュアル

面倒くさい。片付けている暇があったら実験したい。いや、実はゴミゴミした環境が好きだ。人それぞれの想いは千差万別であるにしろ、避けては通れないのが研究室の大掃除。アカデミックでも企業でも、人員の入れ替わりがある春や、お盆休みの前、もしくは日本の伝統に則った新年、いずれかの時期にグループ総出で年に一度は行われているのではないでしょうか。

 

筆者は北米の大学に在籍しているので、夏休みで学部生がキャンパスから居なくなり(夏休みは5~9月。学部生は皆、親元を遠く離れてstudent housingに適当な学生同士で暮らすのが一般的。)、教員は授業、院生はTAが無くなり研究に没頭できる(…ハズの)夏本番を前にしたこの時期に、大掃除を行います。ボスからの指令を受けた一部のポスドクや院生が中心となり、その都度大掃除マニュアルを作成し予めメールで皆に配布するなど、各人のタスクの周知は徹底しているつもりですが、それでもなかなか時間が掛かってしまいます。結局のところ、普段から個々人が如何に整理整頓に気を配っているかに依るところが大きいのでしょうが、それでも何かの参考になればと思い、筆者の在籍研究室で作成した大掃除マニュアルの最新版(!)をご紹介します。

まず大雑把に「1.個人スペースの清掃 2.機器類のメンテナンス 3.その他」の3カテゴリーに分けました。とりわけ2.機器類のメンテナンスについては、普段から頻繁にそのマシンを扱っている人間に割り当てるのが効率的であることは言うまでもありません。具体的なタスクは次の通りです。

1.個人スペースの清掃

a. 真空ポンプのオイルを交換。

b. 丸底フラスコ(日本なら専ら”ナス”でしょうか)、NMRチューブ、その他のガラス器具に入ったままのサンプルを、全てスクリューキャップ付きバイアル(平底のモノ)に移し、ラベルでモノを明示。

c. ドラフト(fumehood)の表面、ガラス、サッシを磨く。

d. 真空&窒素orアルゴンラインのグリスを全て拭きとってから塗り直す。また、傷んでいるゴム管は交換。

e. デシケーター等の乾燥剤を交換。

f. 電子機器(ホットスターラー、温度計、ヒートガンetc)の電源コードに傷が無いか確認。傷んでいれば修理。

g. 水道およびそこに繋いであるホースに漏れが無いか確認。適宜交換。

h. フラスコの欠け、ヒビ割れが無いか確認。特に星型のヒビ(star cracks)があるものは直ちに修理。

i. 各自のベンチに置いてある試薬を全て確認し直し、出来る限り試薬庫に戻す。

j. 過去のサンプルで不要な物はなるべく廃棄。自分の作ったものでも迷ったら廃棄。

—以下はデスクスペースの整理—

k. 各種スペクトルデータのバインダーを整理し、他の私物も整理整頓。

 

2.機器類のメンテナンス

(筆者のラボには変わった分析機器?が多いので、ここではこのブログをご覧の方々にとっておそらく一般的であろう機器のみに留めます。)

a. グローブボックス: ポンプのオイル交換およびフィルター交換。ボックス内の整理整頓。触媒の再生。

b. GC/GC-MS: セプタム交換、キャリブレーション、外付けハードディスクでデータのバックアップ。

c. 脱水溶媒システム(カラムを通すタイプ): カラムの再生。

d. 冷蔵庫: 庫内のpHを確認。パラフィルムが巻かれていないものには巻く。中を拭き掃除。

e. アルカリバス(base bath): ガラス器具を全て回収、洗浄。嵩が減っていればアルコール+水酸化カリウムを補充する。(筆者がかつて在籍したラボではiPrOHを使用していましたが、現在のラボではEtOHを使用しています。酒税の関係でEtOHは高いという話を耳にしたことはあるものの、一方メタノールが混ざった物は安いのだという話も聞いたことがあります。iPrOHとEtOHの値段をAcrosのカタログで調べたところ、純度にも依りますがほぼ同等かエタノールが若干高め、でした。ちなみに筆者はiPrOHの香りが好きです。)

 

3.その他

a. グループメンバーの電話番号等、緊急連絡リストおよび誕生日リストの更新。

b. 共同パソコン(キーボードとマウス)と電話はiPrOHで拭く。(これは本当に手垢が落ちて新品同様になります。)

c. 共同パソコンの中身を外付けハードディスクにバックアップ。デスクトップの要らないアイコンを整理。無駄なアプリケーションの削除、およびデフラグ(…もっと頻繁にやるべきなのですが)。

d. 窓拭き。

 

 誕生日リストがその他の一番上かよっ!とさり気ない突っ込みを入れてくださった方、ありがとうございますw 日々の円滑なコミュニケーションから生まれるチームワークは大掃除を速やかに済ませるためだけでなく、本業の研究に於いてこそほとばしる熱いパトスを呼び起こし、より良い成果を目指し日々努力する助けになるものだと思います。皆様の研究室/グループでは、どのように大掃除をされていますか?

 

chemical wastes.jpg

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
せきとも

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. カルベンで挟む!
  2. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  3. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  5. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  6. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  8. 被引用回数の多い科学論文top100

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  3. デュアルディスプレイDNAコード化化合物ライブラリーの改良法
  4. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  6. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  7. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  8. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  9. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品
  10. M.G.フィン M. G. Finn

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP