[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成


先日、Vy M. Dong 助教授(カナダ・トロント大学)の講演を聴いてきました。

彼女は見ての通り、まだまだ若い駆け出しの女性研究者です。

パーソナル情報

CVによれば、CaltechのDavid MacMillanのラボでPh.D.を取得し、UC BerkeleyにてRobert Bergman・Kenneth Raymondのもとでポスドクを行った後に、2006年にトロント大学にてポストを取得したばかりの女性研究者です。

彼女の専門分野は有機合成化学、特に均一系触媒開発。

ラボを立ち上げて間もない彼女ですが、ここ2年間で10報近くの論文を報告しています。publication listによればそのほとんどがJACSもしくはAngewandte Chemieという一流ジャーナルにアクセプトされており、この年代の研究者としては驚異的な業績を上げている一人といえます。

 

講演内容

講演内容は、C-H結合活性化型不斉触媒を用いるキラルラクトンの合成、パラジウム触媒を用いたジオール合成反応、炭素源としてのCO2活用触媒の開発、などでした。

ラクトン合成法[1]に関しては最も研究が進んでおり、競合する脱カルボニル化をどう抑えるか、7員環と違って5員環合成では銀塩添加剤がなぜ必要となったのか、DFT計算を用いた遷移状態解析から一連のメカニズム・原因を考察していました。

VMDong_1.jpg

VMDong_2.jpg

VMDong_3.gifいずれの仕事も今の潮流に乗ってきっちりやってるような類の、典型的”優等生”なテーマ設定でしょうか。
勿論それが悪い、ということではありません。北米の若手研究者は、大学のテニュア(終身雇用権)を得るまでの短期(通常5年未満)に目立った実力を示さなければならないという、厳しい現実に置かれています。オリジナリティをある程度示しつつも、結果の出やすいテーマ設定を工夫せざるを得ない――そういうことが必要不可欠なのです。その現実は考慮しなくてはなりません。

 

基本をおさえたプレゼンテーションのスタイル

彼女のプレゼンテーションスタイルには、同じ合成化学者として大いに刺激を受けました。

結論を先に述べてしまいますが、

① キー要素(新規性・有用性・進歩性=特許三原則と同じですね)を落とさず示す
自分が当たり前と思ってしまうことでも、丁寧に分かりやすく
③ ビジュアルを駆使して視覚に訴えた説明を心がける

といった、至極基本的なことを落とさずやるということです。

たとえば、キラルラクトン合成に関するプレゼンは、以下の様な構成になっていました。

「自分の開発した方法はこんな新規性があるよ」 =過去の代表例(マクロラクトン化や他のラクトン合成法)と比較して、結合生成様式の違いをクリアに示す

「開発した方法は将来こんな価値を持ってくるよ」
=医薬品や天然物の類似骨格を応用具体例として挙げ、斬新な合成法の提案を行う

「一連の仕事はこんな風に進展させられるよ」=3次元構造が判明している錯体を、中間体構造のモデルとして示し、計算結果も加えてメカニズムがどうなっているのか考察。そこから類似の反応が同様の系で開発可能なことを妥当性高く示す。

具体的な内容を詳しく追わずとも、太字の要素がちゃんと伝われば、凄いことをやってると感じられる―そうなってるように思いませんか?

筆者が在籍している環境では、多彩な分野の化学者が集まって講演を聴きに来ます。言い換えれば、分野外の化学者も結構な率でいるわけで、合成化学者向けに特化した講演をしてもそこまで心に響かない環境なのです。

こういった場所でインパクトあるプレゼンを行うためには何が重要なのか、つまり「他分野の化学者に魅力を感じてもらうためには、どんな工夫が必要か」――彼女のプレゼンは、多くのヒントを示唆してくれたとともに、基本原則に立ち返ることの重要性を改めて認識させてくれました。

 

おわりに

アメリカでは30代前半の若手研究者であってもあちこちからやって来て、毎日のように誰かが研究発表を行っている印象があります。博士院生・ポスドクで
あっても、academic job huntingの前段階として、ツテを頼って講演行脚し、自分を売り込む――といったことも珍しくないようです。

そんな、「自発的なアピールを推奨する」「若いうちから独立心を育む」「激しい議論を行ったとしても、後を引かずさっぱりしている」雰囲気が自然と存在しているのは、日本とは最も異なる点に感じられます。

そういう入れ替わり立ち替わりが激しい、流動性の高い環境だからこそ、自己アピール・プレゼンテーションをしっかりやって自らの存在を印象づけることが重要になってくるわけですね。

日本の教育システムには、プレゼンの基本理論・体系的学習がほとんど盛り込まれていません。これには、人材流動性の低さゆえじっくりとした技術伝達が出来る環境にあり、インパクトのあるプレゼンをすることがそれほど重要とはならない、というような文化的背景も少なからずあるとは思えます。

しかしこれからのグローバル化時代は、日本でも人材流動性が増す方向に向かうでしょうから、そんなことは言ってられないようにも思えます。

プレゼンスキルは、基本的な技術の習得と訓練次第で、かなりの部分が改善できます。例えば上記に記したポイントは、講演者の性格やしゃべりのスキルとは全く関係ないことがおわかりでしょう。それゆえに、トレーニング機会や学習機会が少ないことが、いっそう残念に思えてなりません。

関連書籍に挙げたものはプレゼン理論を学ぶ上で取っつきやすく、また理系向けの良質な書籍なので、学生の皆さんは一読してみることをオススメします。

 

関連文献

  1. (a) Shen, Z.; Khan, H. A.; Dong, V. M.  J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 2916. (b) Shen, Z.; Dornan, P. K.; Khan, H. A.; Woo, T. K.; Dong,
    V. M. J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1077. (c) Phan, D. H. T.; Kim, B.; Dong, V. M.  J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 15609.

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 口頭発表での緊張しない6つのヒント
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  3. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  4. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  5. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン
  6. 水が促進するエポキシド開環カスケード
  7. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する
  8. 科研費の審査員を経験して

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生合成を模倣した有機合成
  2. ペイン転位 Payne Rearrangement
  3. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  4. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  5. ステッター反応 Stetter reaction
  6. 卓上NMR
  7. オルト−トルイジンと発がんの関係
  8. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  9. Christoph A. Schalley
  10. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP