[スポンサーリンク]


2009年 12月 02日

  1. π-アリルパラジウム錯体

    (さらに…)…

  2. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand

    (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  2. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  3. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす
  4. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  5. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  6. 第38回有機金属若手の会
  7. MRS Fall Meeting 2012に来ています

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP