[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. TFEDMA
  2. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  3. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  4. 安全なジアゾメタン原料
  5. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  6. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  7. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  8. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 異分野交流のすゝめ
  2. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  3. ラロック インドール合成 Larock Indole Synthesis
  4. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  5. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  6. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  7. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  8. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  9. カリオフィレン /caryophyllene
  10. 植物性油の再加熱によって毒物が発生

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP