[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  2. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  3. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  4. C60MC12
  5. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  6. BTQBT : BTQBT
  7. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  8. SelectfluorR

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する
  2. 日本化学会と対談してきました
  3. 元素手帳 2018
  4. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  5. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  6. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン
  7. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  8. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  9. varietyの使い方
  10. 菅裕明 Hiroaki Suga

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP