[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  2. スーパーブレンステッド酸
  3. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  4. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  5. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  7. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  8. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サーバーを移転しました
  2. 宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に
  3. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  4. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  5. ナイロンに関する一騒動 ~ヘキサメチレンジアミン供給寸断
  6. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  7. Nature Catalysis創刊!
  8. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  9. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  10. 第47回天然有機化合物討論会

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン・対面併設|進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced コース

開講期間●令和4年 2月  14日(月)、17日(木):基礎編●       21日(月)、…

ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮

第 360回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 博士課…

吉岡里帆さんが出演する企業ブランド広告の特設サイト「DIC岡里帆の研究室」をリニューアル

DIC株式会社は、⼥優の吉岡⾥帆さんを起⽤した企業ブランド広告 「化学⼤好き、DIC 岡⾥帆(ディー…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP