[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  2. ショウガに含まれる辛味成分
  3. ジアゾメタン原料
  4. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  5. インドール一覧
  6. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  7. (+)-MTPA-Cl
  8. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  2. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  3. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  4. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  5. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2
  6. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  7. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  8. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分
  9. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  10. 渡辺化学工業ってどんな会社?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

PAGE TOP