[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. ニュースタッフ参加
  2. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  3. サーバーを移転しました
  4. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  5. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  6. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  7. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  8. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  2. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  3. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  4. DNAが絡まないためのループ
  5. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  6. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  7. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成
  8. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  9. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  10. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP