[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  2. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバル…
  3. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  4. ジアゾメタン原料
  5. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  6. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  7. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  8. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最新有機合成法: 設計と戦略
  2. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  3. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  4. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  5. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  6. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  7. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  8. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  9. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当
  10. 医薬品のプロセス化学

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP