[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  4. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  5. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  6. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  7. Grubbs第一世代触媒
  8. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第43回―「均質ナノ粒子の合成と生命医学・触媒への応用」Taeghwan Hyeon教授
  2. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  3. Chem-Station9周年へ
  4. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  5. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis
  6. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  7. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する
  8. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigenation
  9. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  10. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP