[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  2. TFEDMA
  3. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  4. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  5. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  6. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  8. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  2. サリドマイド、がん治療薬に
  3. 官能基「プロパルギル基」導入の道
  4. 秋の褒章2013-化学
  5. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  6. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  7. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  8. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  9. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  10. 置き去りのアルドール、launch!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP