[スポンサーリンク]

archives

π-アリルパラジウム錯体

[スポンサーリンク]

A1479.gif

東京化成工業
π-アリルパラジウム錯体 :Allylpalladium(II) Chloride Dimer
CAS: 12012-95-2
製品コード: A1479
値段: 1 g 14,000円 (2009.1.4 現在)
用途: 錯体
説明: ホスフィン配位子を加えると系内で新たなPd-ホスフィン錯体を形成し,アリル化反応を円滑に進める触媒として働きます。
文献: Tsuji, H. Takahashi, M. Morikawa, Tetrahedron Lett., 1965, 4387.
その他のリンク:π-アリルパラジウム錯体 / π-Allylpalladium Complex(TCIメール)

関連記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  3. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  4. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバル…
  5. 創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTO…
  6. 富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました…
  7. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました
  8. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. X線分析の基礎知識【X線の性質編】
  2. 海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例
  3. ブラン環化 Blanc Cyclization
  4. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために
  5. 史上最も不運な化学者?
  6. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  7. バーチ還元 Birch Reduction
  8. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  9. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  10. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP